セラピスト資格取得情報サイトRiraSeraでは、セラピストの取得をはじめ、セラピストの資格の種類に関するすべての情報をお届けするセラピスト資格取得情報ポータルサイトです。


「潜在介護士」(介護職に関わる仕事)はどのぐらいる?!働きやすい介護職を目指して

8月 03, 2016

潜在介護福祉士は全国で45万人から約52万人に上り、資格保有者の約4割を占める現実

超高齢化社会が進む中で、ますます人材確保が必要不可欠となる介護の世界ですが、特に介護の資格を持っている人は貴重な人材です。

「潜在介護士」とは、介護士(介護職に関わる仕事)の資格を持っていても、様々な理由で介護施設に就職しない人または、介護の仕事をしない人をいいます。介護の資格を所有する人が多くいる中で、実際に介護士として職務に従事しているのは約半数と言われています。

また、約52万人の人が登録する「介護福祉士」(国家資格)の人も、お給料や待遇などの理由で別の仕事をしていたり、働きたくても子供が預けられない環境などが原因で、待機している主婦など理由は様々のようです。こうした介護に関する専門知識を持った人材が介護業界で活躍してくれれば、人材不足も解消され、質の良い介護士も育っていくのではないでしょうか?

介護職に戻れない、働けない深刻な理由

介護職を選ばない一般的な理由として考えられるのが、体力が持たないことや、労働量に対して給与が低い、職員同士の人間関係がうまくいかないなどがあります。
その中でも最も悩みをもっているのが、子育て中の女性達です。

潜在介護士は、8~9割が女性、子育て中の人が約半数と言われている中で、彼女たちの多くは「家事や育児と両立できないから」と、今すぐは働くことができないけど、「条件などによっては、資格があるから生かしたい」と思っている人が多くいるようです。また、子育て中の主婦にとって、受け入れてくれる保育所の数も少なく、働きたくても働けない環境に置かれている人も非常に多い状況です。

その他、責任の重さ、人の最期との直面からうつ病にになり、介護職に戻れなくなる人も多くいると言います。

働く環境やお給料、待遇などはもちろん、メンタル面についても、介護職員同士が支え合っていかなければならないし、眠っている原石を磨いていく取り組みが必要だと感じます。

眠っている資格を生かし介護業界で活躍しませんか?

資格をもっているけど、休職期間が長く、再就職が厳しいと思っていませんか?時間と場所、お給料など理想がなかなか見つからないなど、求職中の悩みも多いと思います。そんなとき、好きなとき、好きな時間に仕事が選べる「クラウドソーシング」を活用すると便利です。

クラウドソーシングとは、不特定多数の人の寄与を募り、アイデア、必要とするサービス、またはコンテンツを取得するなど、中心的なオペレーターです。 ネット上で不特定多数の人に業務を出すことができ、その仕事をうけることもできます。
国内市場規模は2014年で391億円、2017年で1473億円と言われる中で、注目を集めているサービスです。

これから先、時間や場所に縛られずに自由に働く人が増えることもあり、ますます普及が予想されるクラウドソーシングですが、フリーランスとして働く仕事のあり方を大きく変える可能性も期待できることから、今後その動きには注目したいですね。

日本初!1回1時間1800円~お掃除・見守り介護・日常のお手伝いを頼める、日常のお困りごとは安心安全の介護専用クラウドソーシングがオープンしました。
ケアフル株式会社が運営する生活サポート・クラウドサービスで、眠っている資格を生かすために、サポーターとして登録してみませんか?


記事を監修したセラピスト

RiraSeraスタッフ

セラピストの資格、介護士の資格を持ち、様々なボランティア活動や緩和医療チームなどに参加しています。また、人々の健康寿命の延伸を目標に、体温を上げることがいかに大切かを伝える活動を推進しています。

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2019 セラピスト資格情報サイトRiraSera!セラピストの資格の種類とお仕事や活躍を紹介するメディア