ラピスト資格取得情報サイトRiraSeraでは、セラピストの取得をはじめ、セラピストの資格の種類に関するすべての情報をお届けするセラピスト資格取得情報サイトです。

最短ルートで取得できるセラピストの資格の罠!?スクール選びで失敗しない3つのポイント!

9月 04, 2018

最短ルートでセラピストになれる!?危険な落とし穴

セラピストの仕事の必要性に伴い、人材が不足している現代で、楽に簡単に資格をとれる民間資格が増えています。また、企業も「即戦力」のある人材を求めています。

楽に勉強を済ませて資格を取得できれば、セラピストとして就職もすぐにできるし、民間企業も人材確保に困らないわけです。
しかし、これらに伴い、最短でセラピストになる人が急増することで起こる問題も多くなります。

例えば、身体に触れることや施術をする上で、勉強期間が短くなると、どんな落とし穴があるのか想像してみましょう。

国家資格者が勉強する期間が3年として、民間資格者は最短で3か月~半年と言われています。国家資格者の3年の勉強期間と、半年の期間で取得した民間資格では、学ぶレベルも違えば、身体を十分に触れられるだけの知識が乏しいと考えられます。

「民間スクールで勉強したんだから、後は独学で勉強すれば大丈夫」、「すぐにお客様の身体を触っても問題ない」、「民間資格のスクールを卒業したのだからベテランだ」、「セラピストとして独立しても大丈夫」だと思っている人も多くいるのではないでしょうか。

また、ネットの普及により、手軽に情報収集できることから、ネットの書き込みやアフェリエイトの記事などを参考にして、「正しい情報」と「誤った情報」を自分なりに解釈し、お客様の身体で試してみるなんてとんでもない話であり、そんな未熟なセラピストが多く存在することも否定できません。

想像しただけで、ぞっとします。
基礎医学の乏しいセラピストが、怪我をさせたり、余計に悪化させていたとしても、本人は気が付かかないまま、取り返しのつかない事故につながってしまうことも想像できます。

あの時、しっかり勉強すればよかった、スクールで時間をかけて学べばよかった、もっと経験を積めばよかったと、あとで後悔してしまうかもしれません。

セラピストになるためには基礎の基礎が肝心!

国家資格者からしてみれば、「最短でセラピストなんて・・・」と思われてしまうかもしれませんが、最短ルートでセラピストになるためには、お客様に触れるための必要最低限の基礎は学ぶ必要があります。国家資格者だから民間資格者だからではなく、身体のことは勉強しなければ、身体を癒すことはできないほか、危険な事故にもつながりかねません。

ネットの情報だけで、正しいと判断することや独学だけの判断ではとても危険です。しっかり、スクールの先生の元で基礎医学や実技を学び、先輩治療家や先輩セラピストが行うセミナーや勉強会を通して、学ばなければなりません。

そうは言っても、どのように学校を選んだらいいのか、何を学べばいいのかを調べる必要があります。

【スクール選びその1】セラピストの資格の種類を調べる

自分はどんなセラピストになりたいのか、セラピストの資格の種類を調べましょう。
自分が今どんなセラピストになりたいのかを書き出してみるもの良いかもしれません。

身体を治療して治したいのなら、国家資格である「柔道整復師」、「鍼灸師」、「按摩マッサージ指圧師」。

身体を楽な状態に調整したりリラクゼーションで癒しを感じてほしいとなれば、民間資格である「カイロプラクティック」、「整体」、「リラクゼーション」。

心の状態を安定に導きたい、少しでもストレスを軽減させて安定させたいとなれば、民間資格である「心理カウンセラー」、「アロマテラピー」など、やりたいことを明確にするのも一つの手です。

収入で選ぶのなら「安定した収入を得たい」、「まずは経験からしてみたいので、研修を含む資格を探してみる」、「資格を取得後も就職先がある学校を探してみる」などの探し方もあります。

まずは、自分がどんなセラピストの資格を取って、その後どうなりたいのかを、明確にすると資格を探しやすいかもしれません。

【スクール選びその2】基礎医学を学べるスクールを選ぶ

セラピストの種類の中から、なりたいセラピストが見つかったら、いよいよスクール選びです。
身体に触れるボディ系やリラクゼーション系であればであれば、基礎医学をしっかり学べるスクールを選びましょう。独学でも、ネットの情報でもなく、国家資格者が学ぶ「身体のこと」をしっかり身に着けられるスクールが基本になります。

最短ルートよりも、基礎医学をしっかり学べる安全なスクールを卒業することで、その先も安定して仕事が続けられます。また、すぐに就職を希望するのであれば、卒業後のフォローが充実したスクールもおススメです。
基礎医学をしっかり学べば、事故を防げるほか、自信にもつながります。

【スクール選びその3】継続できるスクールを選ぶ

途中であきらめてしまわないように、通学距離や勉強期間を把握しましょう。また、体験入学などを活用して、続けられる学校なのか、自分の生活スタイルに合っているかを見極めてから申し込みましょう。

学校にお金を収めたけれど、仕事が忙しくて勉強できなかった、通学距離が遠くて続かない、自分には不向きな資格だったとなると、お金も時間も無駄になります。
下調べをしっかり行い、資料請求や体験入学を活用して、スクールについて十分に調べてから、入学を申し込みましょう。

勢いだけでは、続きません。
本当にその仕事で生きていく覚悟で、セラピストの学校を選び、セラピストとして活躍してほしいと思います。

一人前のセラピストになるためには?

一人でも多く、志を持ったセラピストを増やすためには、スクール選びが肝心。そしてどこで実務経験を積めばいいのか、何から始めていいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

お客様の身体に触れるのだから、身体についての勉強は必須です。
勉強もせずに、明日から「整体師です!」なんてとんでもない話であり、国家資格者だからとか、民間資格者だからとかではなく、人として、志を持ったセラピストとして学んでいただきたいと思います。

そこで私たちがおススメするのは、整体スクール「ウィルワンアカデミー整体スクール」です。


株式会社ウィルワンが提供する、志を持ったセラピストを養成する整体スクールは、多種多様なカリキュラムをご用意。
初心者向けの整体師になりたい人のためのカリキュラムや、そのまま独立を目指す整体コースなどがあり、自分にあったコースを選択することができます。

そして何より、資格取得後のサポートが充実しています。
資格を取った後の先までをサポートしてくれるので、整体師になりたい方、志を持って活躍する方を最後までサポートしてくれます。

難病を持つ人や、生活の質を高めたい人、家族のための健康サポートなど、癒し市場はまだまだ上昇するなかで、人の役に立ちたい、人生をやり直したい、本当に今の仕事でいいの?など、将来の不安を抱えている方、転職を検討されている方はぜひぜひ、身体の施術ができるそれぞれの資格を取得して、セラピストという職業で活躍してみませんか?

記事を監修したセラピスト

RiraSeraスタッフ

セラピストの資格、介護士の資格を持ち、様々なボランティア活動や緩和医療チームなどに参加しています。また、人々の健康寿命の延伸を目標に、体温を上げることがいかに大切かを伝える活動を推進しています。

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2018 セラピスト資格情報サイトRiraSera!セラピストの資格の種類とお仕事や活躍を紹介するメディア