セラピスト資格取得情報サイトRiraSeraでは、セラピストの取得をはじめ、セラピストの資格の種類に関するすべての情報をお届けするセラピスト資格取得情報ポータルサイトです。


作業療法士

作業療法士の資格とは??

作業療法士(さぎょうりょうほうし、英語: Occupational therapist、略称:OT)は、医療従事者の一員です。理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション職と称されるもののうちの一つ。厚生労働大臣の免許を受けて、「作業療法士」の名称を用いて、医師の指示の下に、「作業療法」を行うことを業とする者をいいます。作業療法士は、<こころ>と<からだ>のリハビリを行う専門家です。理学療法士が座る・立つなどの基本的な動作に対して、作業療法士は、指を動かす、食事をする、入浴をする、など日常生活を送る上で必要な機能回復をサポートします。

「日常生活活動(ADL)」ができるようになるための治療や援助を行うことで、仕事、趣味、遊びなど「元気な日常生活を送ってもらうため」のリハビリを支援します。

例えば、患者さんの趣味・嗜好を考慮しながら、手芸や陶芸を通して、応用動作ができるよう支援し、社会的に適応していくためのリハビリまでサポートすることで、機能回復に加えて、患者さんが生き生きと生活していけるよう精神面(こころ)のサポートまで行う役割を担っているのです。

作業療法士資格の情報

資格の取り方作業療法士は国家資格です。作業療法士になるには、高校卒業後に3年制の医療技術短期大学または専門学校に進学し、そこを卒業するか、高校卒業後に4年制の大学または専門学校に進学し、卒業するというルートがあります。
3年制か4年制の大学、または専門学校を卒業することで、国家試験の受験資格が得られます。
大学、または専門学校では講習や実習を通して作業療法士に必要な知識と技術を学びます。臨床実習では、病院や施設で実際に患者の治療を体験します。陶芸や刺繍などの技術も学ぶことができます。そのほか、解剖学などの医学知識や身体障害評価学、精神障害評価学などの評価・治療法について、また在宅での作業療法の仕方などを学習します。
そして、海外研修や短期・長期の臨床実習において現場に入り、実践力を養います。
在学期間中から、作業療法士になる希望を持ち高校から大学、専門学校に進学する場合も多くありますが、他の職業を経験してから作業療法士を目指すケースも多くあります。
看護師や、鍼灸整体師、理学療法士などの職業を経験してから、新たに作業療法士の学校に入って資格を取り、活躍している人も少なくありません。
資格の費用500万円~600万円
(学費サポートがあるところも)
資格取得までの期間3年制と4年制があり、4年制は3年制より段階的に深く学ぶことができるので実習に安心感が出る。
就職率90~100%
年収平成26年の作業療法士の平均月収は27万円、そこから推定される平均年収(ボーナス込)は390万円~400万円ほど
活躍の場所病院など医療機関介護老人保健施設および社会福祉施設心身障害児療育センター保健所・保健施設在宅サービス機関 など、超高齢社会を迎えた現代社会において、生活支援の中核的な存在である作業療法士のニーズはさらに高まっています。
超高齢社会の到来により、作業療法士の活躍の場は、病院などの医療機関はもちろん老人保健施設や在宅介護支援センター、訪問作業療法など、ますます拡大し、今後は地域の保健福祉活動の支援などでの活躍も期待されています。また作業療法士は、身体とこころの両面のケアを行い社会復帰のサポートを支援する専門職として、生活支援の中核的な存在となっています。


セラピストの求人情報

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2019 セラピスト資格情報サイトRiraSera!セラピストの資格の種類とお仕事や活躍を紹介するメディア