ラピスト資格取得情報サイトRiraSeraでは、セラピストの取得をはじめ、セラピストの資格の種類に関するすべての情報をお届けするセラピスト資格取得情報サイトです。


ミュージックセラピスト

ミュージックセラピストの資格とは??

ミュージックセラピー(音楽療法)とは、ストレスなどで病んだ心や体の症状を改善、痛みを緩和し生活の質の向上を図る目的で音楽を用いる療法のことです。音楽による癒しの効果は、科学的にも高く評価されています。ただ聴くだけでなく、歌ったり、演奏したり、踊ったりするなど能動的な方法もあります。自分の好みやその時々の心と体の状態にあった音楽を聴いてリラックスしたり、元気になったり、そんな利用法ももちろんありますが、基本的には専門知識を持った音楽療法士が行う治療法のことです。実際に医療現場では下記のような治療に音楽療法が使われています。

 

●ターミナルケアの苦痛緩和および精神安定
●手術・治療時の不安と苦痛の緩和
●パーキンソン病の治療
●アルツハイマー病の治療
●自閉症、学習障害、コミュニケーション障害などを持つ子供の症状改善

 

また、ストレスや疲労を緩和する、血圧を下げる、心拍数を安定させる、うつ状態を改善する、集中力を高める、免疫力を高める、不眠を緩和するといった効果も報告されています。
アメリカでは、音楽がセラピーとして確立されたのは20世紀初頭で、精神病院慰問の慈善活動として用いられたのがはじまりです。戦争で負傷した兵士たちが、音楽を聴き、歌い、演奏することで心の健康を回復する訓練が施され、音楽の癒し効果が本格的に研究されるようになりました。

 

1950年には全米音楽療法協会が設立され、精神病患者だけでなく、子供から高齢者までさまざまなニーズに合わせた身近な療法として広まっていきました。日本では2001年、日本音楽療法学会が設立され、音楽療法専攻課程を設ける音楽学校も増えています。学会(理事長=日野原重明・聖路加国際病院理事長)が認定する音楽療法士は約2千人の人が活躍しています。(2011年2月)

ミュージックセラピスト資格の情報

資格の取り方 音楽療法士の公的な資格はありませんが、自治体認定、日本音楽療法学会認定、全国音楽療法士養成協議会、各学校認定などがあります。自治体では岐阜県、兵庫県などが養成していますが、自治体で養成された音楽療法士は、その自治体で活動することを前提とされていますので、その点は注意が必要です。民間の資格として、日本音楽療法学会が認定している音楽療法士の資格があります。受験資格を得るためには下記の3つを満たしていることが必要となります。

1.日本音楽療法学会正会員である。申請時点ですでに会員である者は、前年度の会費を納めていること。
2.学校法人格を有する専門学校(2年以上)・高等専門学校・短期大学・大学いずれかの修了証を有すること。
3.臨床経験5年以上(音楽を使用した臨床経験2年を含む)を有すること。(但し3年でスタートし2年間の必修講習会受講と並行して臨床経験を積み、合計5年となる場合も可とする)

これらに加えて、下記の必要項目を満たすことが必要です。
1.必修講習会受講
・必修講習会中に実施される音楽試験を受験(ピアノ実技、音楽理論)

2.音楽療法関連分野(医学・心理・福祉・教育)18単位の取得
・臨床経験(本制度申請時に臨床経験年数が5年に満たない者、あるいは、音楽を使用した臨床経験が2年未満の者)

3.学会参加など、200ポイントの取得

その後、筆記試験に合格し、年に一回開催されている「学会認定音楽療法士資格審査」に合格すると音楽療法士の資格を取得することができます。
資格の費用 200万~(専門学校、短期大学、大学)
日本音楽療法学会主催 試験料10,000円(認定料30,000円)
資格取得までの期間 2年~4年(学校法人格を有する専門学校(2年以上)・高等専門学校・短期大学・大学いずれかの修了証を取得後、音楽療法士の資格試験を受験する。
就職率 80%
年収 300万~500万
活躍の場所 音楽療法士が活躍できる職場(求人・仕事先)
●精神病院
●リハビリ施設
●医療病院
●デイケア治療センター
●発達障害者にサービスを提供する機関
●薬物やアルコール依存症治療のプログラム
●刑務所
●高齢者センター
●老人ホーム
●ホスピス
●福祉施設
●養護学校
●小学校、中学校などの養護学級など

しかし、日本での音楽療法に対する社会的認知度は、欧米に比べ大幅に遅れています。現状、音楽療法士として独立することはかなり難しいでしょう。ただし、医療関係、福祉関係の資格を取って、仕事をするなかで音楽療法士の資格を活かすことは可能です。たとえば、看護師、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、臨床心理士などの資格を取得している人が音楽療法の資格を併せて取れるスクールもあります。

人々の心の病に関する意識がどんどん高くなっている今、私たちにとって身近な音楽を使い、精神的なケアを行うことができる音楽療法には注目が集まっています。法人の斡旋を受けて社会福祉施設や病院を始め、ご要望に応じて個人宅へも訪問し、音楽療法を実践している人もいます。

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2019 セラピスト資格情報サイトRiraSera!セラピストの資格の種類とお仕事や活躍を紹介するメディア