セラピスト資格取得情報サイトRiraSeraでは、セラピストの取得をはじめ、セラピストの資格の種類に関するすべての情報をお届けするセラピスト資格取得情報ポータルサイトです。


気功師

気功師の資格とは??

気功師とは一般的には、気功師が持つ”気”を患者の身体に当てる事によって患者の持っている体内エネルギーを高め、自然治癒力、自己免疫力、自己回復力を高めていく事が出来る人のことをいうイメージが定着しています。

 

気功師は、日本では国家資格はなく、民間資格になります。日本には鍼灸師のような気功師の国家資格というのは存在しませんが、気功の本場中国では気功師は国家資格になります。4000年もの間伝わってきたという長い歴史や、人々の間で広まっているという知名度から、資格として認められています。

 

中国「気功」とは主に体内に「気」を循環させ「気」の質やコントロールする能力を高める内気功と、身体に必要な「良い気」を外から体内に入れ、身体に合わない「悪い気」を体外に排出させるなど「気」の積極的な交換を行って患部等を癒やす外気功とに大別されます。引用:Wikipedia

 

ある種の気功師による外気功は、ときに超能力的なものとして捉えられる場合もあるようです。中国では気功は自分で実践する「内気功」が主体で、外気功(ヒーリングに類似)は補助となっています。

 

日本に気功が知られ始めた頃、中国の気功師がメディアで外気功を盛んに行っていた影響もあり、日本では「気功=外気功」というイメージがあります。

 

内気功は、身体を動かすことで気を循環させる動功と、身体は動かさずに体内の気を循環させる静功に分類されます。中国で実践されている気功の種類の多くは「動功」です。

 

美容や病気の治癒も含めた健康面に関する気功を軟気功、護身術など相手を倒したりするものを硬気功と分類するのは日本独自のもので、中国において軟気功、硬気功という言葉はなく、軟功と硬功と呼ばれています。軟功は体を柔軟に柔らかくすることを目的とした気功、硬功は体を強く固くする目的の気功であり、それが日本で誤解されて伝わり広義の意味で用いられるようになったそうです。

 

日本で気功師になるには、それぞれの流派が開いている養成所に通うのが一般的です。養成所で学んで、十分な知識と能力が身についたと判断されれば、その団体から認められた気功師の資格を得ることができます。どの団体・流派を選ぶかの基準となるのが、「三大気功」のどれに属しているかという点です。

 

気功はもともと中国から伝わったものですから、基本的に元をたどれば「三大気功」にいきつきます。「三大気功」というのは、すべての気功の本家本元といっていい存在です。

三大気功とは以下を指します。

●儒教系の武闘派気功(崑崙派)
●仏教系の少林派気功
●道教系の峨嵋派気功

道教系は治療が主な目的、儒教系は武術が主な目的、系はその中間。それぞれの流派に良い点があるので、サイトなどを参考に自分に合ったものを選ぶと良いと思います。

こんな資格も調べられています

気功師資格の情報

資格の取り方気功師養成所、スクール
資格の費用A 校:
入学金・20,000円
初級コース(2日間)・約200,000円
中級コース(2日間)・約500,000円
上級コース(3ヶ月~)・約1,000,000円
特別上級コース(3ヶ月~)・約1,600,000円

B 校:
入学金・10,000円
6ヶ月・250,000円
認定料(希望者)・20,000円

C 校:
入門講座 全12回・30,000円
基礎講座 全12回・30,000円
応用講座 全12回・30,000円
特別講座 全12回・30,000円(前半)
特別講座 全12回・30,000円(後半)
マスター講座全12回・30,000円
資格取得までの期間2日~1年
就職率スクールによっては、就職率100%とうたっているところもありますが、整体や心理カウンセラーなど他の資格と併用して独立開業している人も多いようです。
年収気功師としてスクール講師などに就職した場合、年収で200万円~。
独立開業をして軌道に乗せることができれば高い年収を得ることも不可能ではありません。
活躍の場所気功師養成所やスクールで講師を募集しているところもあります。
また、治療院などでも気功師を募集しているところもあります。
独立開業、気功に関するセミナーや、スクールを開いたりする人も多いようです。

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2019 セラピスト資格情報サイトRiraSera!セラピストの資格の種類とお仕事や活躍を紹介するメディア