ラピスト資格取得情報サイトRiraSeraでは、セラピストの取得をはじめ、セラピストの資格の種類に関するすべての情報をお届けするセラピスト資格取得情報サイトです。

セラピスト、酒井ゆきさんにインタビューしました。

声の専門家。ボイスコンディショナー。たまふる®セラピスト。
演奏家、日本音楽療法学会認定音楽療法士の酒井さんは、武蔵野音楽大学で声楽を学び、鳴門教育大学大学院芸術コースで演奏と教育、そして「社会の中の音楽」について研究。
卒業後は、音楽教室で子供たちの感性と音感を育てる仕事に携わったのち、国際的なヴァイオリニストのマネジメントを経験、一流音楽家の演奏に触れて感性を刺激され、「社会の中の音楽」や、「社会とともにある音楽家」などの思考やスタンスに大いに刺激を受けたそうです。

また、自身の演奏活動を続ける中で、コンサート会場に来られない人たちに音楽の生演奏を届けるプログラムに参加。その中で、病気や障害の人々が言葉を介さず、直截な感情表現で演奏に応えてくれる様に強いインパクトを受けました。

その後、音楽指導の依頼で高齢者施設の訪問プログラムを始めたことがきっかけで音楽療法を学び、オリジナルメソッドと並行して臨床を続け、曲に固執せず人の声や笑いなどと五感を大切に、20年間で15,000人あまりの方々に音楽療法活動を行ってきました。

酒井さんは埼玉県で生まれ育ちました。物心ついたころから、思いつきの歌を口ずさんで遊ぶような子どもだったそうです。そして電子オルガン教室が近所に出来た時は、ときめきを抑えきれず、すぐに通いはじめました。
その後ピアノを習い、小中学時代はコンクール活動に熱心な合唱部、高校時代はバイトにいそしみ、コンサート通いに熱中。

武蔵野音楽大学では声楽を学び、オペラなどに出演。鳴門教育大学大学院では論文と演奏を必死に学ぶかたわら数々の方言ネイティブに接し、西日本のイントネーションにときめいたそうです。

2009年 ボディートークと出会い、心とからだのつながりに基づくワークを学ぶ。
2015年 これまでの体験の全てを統合し、自分の声による心とからだのリラクゼーションと心身の活性化を図るボディーワークたまふる®を創作。声、抑揚、韻、ストーリーなどヒアリング力を活かした「ふんわりコーチ、コンサルタント」としても活動しています。

「相手の方の反応、プロセスを音楽療法で引き出します。1人対1人、集団、長さ、ボリューム、距離感などを感じてもらい、その人が目の前からできることから展開し、相手を引きだすのが音楽療法。セラピーってただ楽になる、ってことではなく、自分で気持ちを持つこと。気持ちを出していい場所なんです。太鼓をたたく(怒り)。身体を動かす。楽しい、幅が広い(自分が0からできる)。いろんな感情を引き出すのが音楽療法士です。」

「小さいころは内気で、ちょっとしたいじめなどもきっかけとなり、対人恐怖でした。自分に自信を持てず、いい子になって認められようとしました。その結果、大人や世間が「正しい」と思うことを鵜呑みにしたり、人に嫌われないように本音を飲み込んでいました。そしてもっとやらなきゃ、もっと頑張らなきゃ、と自分を叱咤激励していました。

大人になってからも、どこまで頑張っても手応えがなくて、やがて仕事もプライベート空回りばかり、うまくいかない孤独感が募って声が出にくくかすれ声になり、胸のあたりに激痛が走り、抑鬱状態になりました。病院で訴えてもからだの痛みは病気ではないと言われ、眠りも浅いし毎朝死にたい気持ちになるし、本当につらかったです。

なんとか解決方法を探し求める中で、からだとおしゃべりする、からだの声を聴くというワークに出会いました。カチカチだったからだをほぐしていくと、自分がどれほど力んでいたのかがわかりました。そしてからだが力むように心も力んでいて、どれだけがまんしていたかに気がつきました。自分が「がまん」していればなんとかなる、そして自分のがまんはどこかへ消えていくと思っていたのに、実際はがまんがヘドロのようにがんこな塊になって私自身を沈みこませていたのです。

このワークを続けながら、カウンセリングなど様々なことにも取り組んで、自分の思考のゆがみに気づき修正していくことで、痛みや苦しみから解放されました。心とからだがどれだけ影響し合っているかを身を以って学び、がまんを解消すること、他人の評価ではなく自分自身の選択や決心で人生を送ることの大切さを痛感しています。

今は、以前参加していた、からだとおしゃべりをするワークを通して得たオリジナルのワークメソッド”たまふる®"を提供しています。それは自分の持つ「声」がどれほど自分にとって最適なツールで、自分をいたわり、そしてゆるめ、解放し、創造をサポートしてくれるパワーを持っているかを体感できるセルフワークです。私自身の、人生の紆余曲折すべてが意味のある宝となりました。人の目や評価を気にするのではなく、自分の人生を自分の声で調整し、創造し、人と共鳴して生きる「自分の声」を磨きあっています。」と酒井さんは話します。

「声」の志を持つ酒井ゆきさんに、セラピストの先輩として、インタビューに答えていただきました。

セラピストを選んだきっかけは何ですか?

仲間と、病気や障害のためにコンサートに行かれない人やその関係者を訪問して演奏する活動を始めたら、彼らから思いもかけない反応があったんです。本当に言葉を介さないで、コミュニケーションが出来る、感情を表すことが出来る、発散したり、怒ったり、色々な事が音楽だけで出来るんだ!というすごく衝撃的な体験でした。義理やお世辞の通用しないシビアでストレートなやりとりに、インパクトがあったんです。
ほどなくして、特別養護老人ホームへ音楽指導に伺うというお仕事をご紹介頂いたのが、のちに音楽療法を学び、セラピストになったきっかけです。

セラピストになるまでの不安はありましたか?

理論や技術を知らずに想いだけで実施していた当初は、何をしても自信がなくて、実際思ったような結果や反応が起こらないなど、うまくいかないことの連続でした。一方で学んだあとは、理論で学んだ理想条件と実際の現場との乖離に、どう折り合いをつけたらいいのかと悩みました。目の前の現実は多様で変化が激しく、ままならないものでした。そしてその中での自分の未熟さにも打ちひしがれる毎日でした。無知だった頃よりマシ、仲間がいるなどと、必死に手の内にあるものを支えにしていました。

お仕事で失敗したことはありますか?

学んだばかりのころはセオリー通りにしなければ、と強く思っていました。何人か先輩にアドバイスをいただいたときに、「授業みたいに堅苦しい」「もっと肩の力を抜いて」と言われました。誰もが通る過度期だったのだとは思いますが、あの時期は参加者のための、ではなく理想の実践、それを実現するためのクライエント、のように手段と目的が逆さになってしまっていたように思います。
オリジナルワークの”たまふる®"を始めてからは、「感じる」ことを中心としたワークなために、説明したり紹介したりするときにどんなどんな言葉を使ったらいいのか、とても迷いました。他にも、失敗はいろいろあって恥ずかしい失敗、悲しい失敗、きりがありませんね。

お客様にアドバイスしていることを教えてください。

わたしたちは、和を、協調性を大切に思い、人と仲良くしようと努めます。その心の反動のように、「自分」を後回しにしがちなことを知りましょう。たわいもないこと、ちょっとの「がまん」をこまめに溜めがちですよ。がまんを溜めて利子がついたら大変がんこなヘドロになってしまいます。そうして自分が本当はどうしたいのか、なにをしたくないのかが感じられなくなってしまうのです。
ですから、人にやさしくするように、自分自身にもまたやさしさを振り向けましょう。こまめに滞りを解消すると、心もからだもすぐにスッキリ!元気になれますよ。



インタビューにお答えいただきありがとうございました。


炭酸泉とクエン酸で健康を作る会で重炭酸入浴!

店舗情報・スクール紹介

店舗名たまふる®
店舗はございませんので、ホームページからお問い合わせください。
セラピーの種類

住所
アクセス
営業時間
定休日
ホームページhttps://tamafull.net/about.php
https://profile.ameba.jp/ameba/chiaccherare
マップ

先輩セラピストに依頼する
webからのお申込みはこちら

申し込む

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2018 セラピスト資格情報サイトRiraSera!セラピストの資格の種類とお仕事や活躍を紹介するメディア