【男性セラピストの資格】先輩セラピストにインタビュー Vol. 20 川上拓人さん

セラピスト、川上拓人さんにインタビューしました!
表参道・青山にある男性セラピストによるアロマトリートメントサロン「シェリルアンジェリ」の店長であり、トップセラピストでもある川上拓人さんは、日本初の男性アロマセラピストとしてして業界の最前線で活躍されています。

川上さんは2011年、「シェリルアンジェリ」のオープニングセラピストとして、〝日本初の男性アロマセラピストによるリラクゼーションエステサロン″の立ち上げから関わり、わずか1年で店長に就任、経営も任されるようになりました。そして、〝お客様に愛されるセラピスト“を育てたいという想いを持って、サロン運営とセラピストの教育・指導を行っています。

「シェリルアンジェリ」というネーミングは、「魅力的な心遣いのできるスタッフたち」という意味で、スタッフの方々は、男性セラピストの視点だからこそできる「きめ細やかなサービス」をモットーに丁寧な施術を心がけています。

日本では男性アロマセラピストの数はまだまだ少なく、世間的にも認知されていませんが、欧米・東南アジアでは一般的に男性セラピストが数多く活躍しています。本来、男性の「温かく」、「手のひらが大きく、肌への接触面積が広いこと」、そして「力強いダイナミックな施術」はアロマトリートメントに非常に向いているそうです。

その他、ボランティア活動にも精力的に参加し、福島県浪江町の仮設住宅の被災者の方々や、知的障害者更生施設の子供たち、平均年齢90歳という介護施設でのアロマハンドトリートメントなども開催。アロマハンドトリートメントは、血行促進やリンパの流れの改善、会話によるコミュニケーション力向上、ストレスの軽減、認知症の予防などに効果があるそうですが、逆にボランティア活動から得るものも多く、「仲間との協調性、相手に合わせるということの〝気づき”、そして笑顔と元気を頂くことができました」と話しています。

様々な活躍を経て現在では、セラピストを始めた頃からの夢の1つであった〝男性セラピストがもっと活躍できる日本を創りたい″という想いから、一般社団法人 日本メンズセラピスト協会を設立、トップセラピストとして活躍しながら代表理事を務め、セラピスト同士の交流会やスキルアップ練習会、イベント活動、ボランティア活動などを精力的に行っています。

更に、男性セラピストとしての豊富な経験と技術、そしてセラピストとしての喜びを伝え、お客様に愛されるセラピストを養成し輩出することを目的にメンズセラピストアカデミーを設立し、アカデミー長に就任。
セミナー講師として男性アロマセラピストを多数輩出する活躍ぶりに、メディアからも注目され、テレビ・新聞・雑誌にも出演、著名人のファンも多いそうです。

またビューティーガレージアカデミーの最年少講師として様々な講座を開講。
現在もトップセラピストとして活躍しながら、日本の男性セラピストのパイオニアとして活躍中です。

更に、これからの事業展開として、〝世界のセラピーと日本を繋ぐ″ことを目的に、世界中のセラピーを広めること、そして日本でも気軽に世界中のセラピーを体験出来るようにすべく、「インターナショナルセラピー協会」も立ち上げました。

国内外の資格16種前後を保有し、アメリカ(カリフォルニア)・シンガポール・オーストラリア・インドネシア(バリ島)・タイ・フィリピン(セブ島)・韓国など海外研修も豊富な本格実力派、世界中の様々な技術を融合した多彩な手技でお客様を癒し、また、男性セラピストの育成に情熱をかける川上拓人さん。

「愛」の志を持った川上拓人さんに、セラピストの先輩としてインタビューに答えていただきました。


セラピストを選んだきっかけは何ですか?

セラピストになろうと思ったきっかけは、学生時代、肌が荒れていたのを何とかしようと思い、美容などに興味を持つようになったことです。

栄養や生活習慣の大切さやアロマを勉強していくうちに「これを仕事にできたらいいな!」と思いました。

当時は、男性のアロマセラピストはほとんどいませんでしたので、「逆にこれは開拓するチャンス」だと思い、自分の名前の通り【開拓する人】として男性セラピストを目指しました。

セラピストになるまでの不安はありましたか?

男性のアロマセラピストは現在でも珍しいですが、自分がセラピストになったときは、ほとんどいなかったのでチャンスと思いながらも不安もありました。

案の定、表参道のサロンで男性セラピストサロンとしてオープンした当初は、男性セラピストが社会的に認知されていませんでしたので、広告業者さんからは「男性セラピスト」というだけで掲載してもらえず、非常に苦労しましたが、その苦労があったからこそ、協会を作ろうというきっかけになりました。

お仕事で失敗したことはありますか?

タイ古式マッサージの海外研修のときにパスポートを失くし、しばらく帰国することができず、サロンの皆様やお客様に大変ご迷惑をお掛けしたことです。

お客様にアドバイスしていることを教えてください。

リンパと入浴の大切さを伝えています。

「リンパの流れを変えると人生も変わる!」と考えています。
お客様には日々のセルフケアの方法としてリンパストレッチのアドバイスをさせて頂いております。

そして、入浴をすることの大切さも合わせてお客様にお伝えしております。
私自身は毎日浴槽に浸かって身体を温めることによって日々の疲れを癒して、免疫力や睡眠の質も上げております。

セラピストは自分の身体と心のメンテナンスもお仕事の一つになります。
おかげさまで私は20代はずっと風邪知らずで、一度も体調不良になったことがありません。

入浴して身体を温めることで疲れを次の日に残さないので、毎回120%の力でお客様を施術することができます。
入浴するときの効率をあげるために、炭酸系の入浴剤を入れて効率良く身体を温めます。

私が使った炭酸系のホットタブは、より身体の芯から温めてくれて、お肌の調子も良く、血行促進されてるなと感じました。
睡眠の質もあがり、ぐっすり寝れて疲れも取れやすくて助かってます。

インタビューにお答えいただきありがとうございました。