セラピスト資格取得情報サイトRiraSeraでは、セラピストの取得をはじめ、セラピストの資格の種類に関するすべての情報をお届けするセラピスト資格取得情報ポータルサイトです。


オーガニックセラピスト、鳥塚ルミ子さんにインタビューしました!
人の健康の維持・増進・回復や、予防医学としてオーガニックセラピーの啓蒙活動を行い、日本にオーガニックを健全に普及させることを目的に予防医学療法オーガニックセラピーを学ぶ資格制度を構築し、通信教育を中心に、世界各国で「オーガニックセラピスト」という新しい職業と働き方を広めました。
20代前半まではごく普通のOLとして勤務、日本で「リフレクソロジー」がまだ全く普及してなかった頃に仕事のかたわら、「リフレクソロジー」の学校に通い、技術を習得されました。そして、1年後にはニュージーランドに単身渡航、同国初のリフレクソロジーサロンをオープンするという、通常では考えられないスピードで海外展開を始め、その2年後には、オーストラリアに進出。ゴールドコーストにある最上級6つ星クラスのヴェルサーチホテルにその技術が認められた他、オセアニア地域でのパイオニアとして繁盛店へと成長を遂げました。
オーストラリアで現在の協会の礎となるオーガニックと出逢い、自身がそれまで行ってきたセラピー(リフレクソロジー、アロマセラピーなど)とオーガニックを組み合わせた予防医学療法オーガニックセラピーを提唱。2010年、日本で(社)国際オーガニックセラピー協会を設立し代表理事に就任、現在会員数は約2,500名、女性が9割を占めている女性に人気のオーガニックセラピーの講師です。 涵の「志」を持った鳥塚ルミ子さんに、セラピストの先輩としてインタビューに答えていただきました。

セラピストを選んだきっかけは何ですか?

「リフレクソロジー」を選んだ理由は大きく二つあります。まず一つ目は、自分の強みを強化してくれるツールになると思ったから。私がリフレクソロジーを学んだのは25歳の頃ですが、当時お仕事で色々な人と出逢い、関わらせて頂く中で、「ルミ子さんと会うと元気になれるよ」「ルミ子さんは話すと明るい気持ちになるよ」というお声を有り難いことにいただくことが多かったんですね。その客観的評価を踏まえて、自分のキャラクターをさらに強化してくれる武器ってなんだろう?って考えたときに、まだ日本に入ってきて間もない「リフレクソロジー」と出会ったんですね。 つまり、「リフレクソロジー」というツールを新たに持つことで、これまで出会えなかった人と出逢えるかもという期待や、武器を持つことで今より多くの人に笑顔になってもらえたり、元気を差し上げられるのではないかなと思ったんですね。

二つ目は、当時はまだ高齢社会(65歳以上人口が全人口14%以上)でしたが、これからさらに高齢化が進み、超高齢社会(65歳以上人口が全人口21%以上)になっていくということや、今より更にストレスフルな世の中になり、メンタルヘルス・ストレスケアという考え方や具体的な方法などが必要とされる時代に突入していくのではないか、予防医学、代替医療という分野は今後ますます需要が増えるのではないか、マーケットが拡大していくのではないかと感じ、「リフレクソロジー」を選びました。

セラピストになるまでの不安はありましたか?

不安、当然ありました。私の場合は最初からパイオニアになろうと思っていたので、リフレクソロジーという文化がない国を探しました。私のリフレクソロジーがその国の、その場所のスタンダードになったらいいなと思ったんです。初めての起業、海外、英語もまともにできない、ルールも分からない、お金もない、知り合いもいない状態でしたので、不安が無いわけないですよね。ただ『やればできるはず!』という根拠のない自信だけはありました。

お仕事で失敗したことはありますか?

もちろん、「大」がつくほどの失敗、辛かったことはもう数えきれないほどあります。起業して17年目ですしね(笑)でも、その経験のひとつ一つが糧となり学びとなって、今の私に結び付いています。だから、どんなことにも感謝しています、今は。そして、失敗やトラブルも一定期間過ぎたら、ネタとして笑い話にしちゃいます。笑いにすれば、そこに一つ価値が生まれます。

また私の場合、ネガティブな事があっても、それをただ感じ、流してしまうのがとても嫌で、その感情を無駄にはしたくないので、忘れないように私は音楽に感情を記憶させるんです。その時の想い、感情の移り変わり、悟りの境地に至るまでその曲に閉じ込めて、一定期間経った時にその曲を聴くんですね。そうすると、自身の今の状態が俯瞰できたり、成長を確認する事が出来るんです。それから、仕事などで落ち込んだ時には、自分の中で泣くDVDというのを決めていて、それを見て敢えて泣くようにしています。泣くとスッキリすることが自分で分かっているので、意識的に泣くようにしているんです。 私は陽の感情は赴くまま表現しますが、負の感情はなるべく自分でコントロールするようにしてるんです。落ち込んだ時こそ、自分の「取説」を作れるチャンスってことですかね。

お客様にアドバイスしていることを教えてください。

今セラピストとして活躍中、これからセラピストを目指す方にアドバイスをすると、いちセラピストとして起業して17年目の私が今思うことですが、一番重要なことは「謙虚さを忘れない」ということじゃないかと思います。自分は完璧ではないということを知ること。常に時代は流れていくし、医療はどんどん進化していくし、補完・代替医療の位置づけも変化していく中で、その変化を意識し、関心を持ち、学び続けられるかということ。その学びの原点となるのは、自分はいつだって100%ではないという謙虚な心ではないかと思います。そしてしいて言えばそれは、いつだってお客様に喜んでもらいたいという温かい気持ちがあるからこそではないでしょうか。

そのマインドがあれば、そもそも「驕り」は出ないだろうし、飽きたり、モヤモヤすることもないはず。なぜなら、自分は完璧じゃないわけで、学ばなきゃいけないこと、やらなきゃいけないことが常にそこにあるわけだから、混沌としている暇なんてないよね(笑)

あとセラピストの仕事って、精神的にも肉体的にもすごく重労働じゃないですか。だから自分自身も常にケアしてあげることが大切。自分が満たされてなければ、人を元気になんてしてあげられないですからね。私が代表を務める国際オーガニックセラピー協会では、内からオーガニック、外からセラピーを施すことで病気にならない心と身体を育む予防医学療法オーガニックセラピーを提唱していますが、このスキルは自分自身にも生かせますし、何よりお客様との信頼関係構築に役立つんです。

どういうことかというと例えばカウンセリング。「シャンプー何使ってる?」「化粧品は?」「生理はどう?」とお客様のパーソナルな部分に触れさせていただける。質問させて頂き、お答えが返ってきたら、それに対して私たちはそのお答えに合わせて、合成界面活性剤や環境ホルモン等々が身体に与える影響やそのデトックス法などをお伝えさせていただく。そうすることで、お客様がより早い段階で心を開いてくれます。セラピスト時代、初めてのお客様を5分で笑顔にするをモットーとしていましたが、この方法は実際に私自身の実体験であり、とても効果的な方法でした。

当協会のオーガニックセラピスト資格は、日本のオーガニックブームに先駆けてスタートしているため、特に業界のプロの方に取得者が多いのが特徴です。大手ECサイトのオーガニックコスメバイヤー、食品会社の商品開発や研究開発をされている方、レストランやカフェオーナーをはじめ、ここ数年はセラピストやコーチング、イメージコンサルタントの方なども多いです。この資格は特にパーソナルサービスのお仕事をされる方にとって、とても使い勝手の良い知識であり、技術だと思います。今後セラピストを目指す方、現在セラピストとして活躍中の方には、ぜひ安全安心の知識についての学びを深めていただき、お客様にシェア頂けたらいいなと思っています。



インタビューにお答えいただきありがとうございました。


炭酸泉とクエン酸で健康を作る会で重炭酸入浴!

店舗情報・スクール紹介

店舗名㈳ 国際オーガニックセラピー協会
セラピーの種類

住所〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-53-1
アクセス-
営業時間-
定休日-
ホームページhttp://www.organictherapyschool.or
http://ameblo.jp/organictherap
マップ

先輩セラピストに依頼する
webからのお申込みはこちら

申し込む

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2019 セラピスト資格情報サイトRiraSera!セラピストの資格の種類とお仕事や活躍を紹介するメディア