セラピスト資格取得情報サイトRiraSeraでは、セラピストの取得をはじめ、セラピストの資格の種類に関するすべての情報をお届けするセラピスト資格取得情報ポータルサイトです。


ヨガセラピスト

ヨガセラピストの資格とは??

ヨガセラピーとは、それぞれのスクールにおいて様々な定義があります。
ヨガセラピーというもの自体の定義というのはとても曖昧なもので、確固としたものは特にありません。インドでも古典的なヨガセラピーを提供しているスクールはいくつかあり、それぞれのメソッド、アプローチの仕方は様々です。

 

一言で言うとヨガセラピーとは、統合医療の一つで、ヨガのアーサナ(体位法)、呼吸法、リラクゼーション法、カウンセリング、瞑想法などの技法を使って、自律神経機能を改善しストレスをためにくい身体づくりをしていくものです。心身症(ストレス関連疾患)の要素を帯びた自律神経失調症、更年期障害、腰痛症、不眠症、高血圧症、気管支喘息、めまい、神経症、過敏性腸症候群、パニック障害などの不安障害、円形脱毛症など多くの疾患が対象となります。

 

世界保健機構(WHO)では、健康の定義を「健康とは、身体的、精神的、社会的、宗教的に良好な動的状態であり、単に病気あるいは虚弱でないことではない」としています。健康とは人間のあらゆる次元で、健やかさが実現されている状態であるということです。こうした総合的な健康を実現するための智慧がヨーガ・セラピー(ヨーガ療法)です。 現代社会において、多くの人々が絶え間ないストレスにさらされていますが、こうした環境の中にあって起きる心身の不調和がストレス関連疾患である「心身症」といわれる病気をひきおこしてしまうのです。ヨーガ・セラピー(ヨーガ療法)は、心の働きを制御して、心身の調和をはかっていきますので、さまざまな心身症といわれる疾患に有効で、予防医学やストレス・マネジメント、免疫の活性化、脳トレーニングにも繋がり、心身共に元気にし、生き方の向上にもつながっていきます。

 

インドで発祥したヨーガは、5000年の歴史を持つとされていますが、この伝統的ヨーガを医学や心理学の科学的手法で解明する動きは、1920年代から始まり、特にマハラシトラ州ロナワラ市にあるカイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所(スワミ・クヴァラヤーナンダ師設立)では、1924年からヨーガ研究の諸論文を出版されています。また、インドにおいては「自然療法とヨーガ学」を標榜する医科大学をはじめ、「ヨーガ学科」を有する総合大学も合わせて、40校を超える高等教育機関(大学/大学院)が存在し、インド中央政府が推進をしています。そのうちの一つであるスワミ・ヴィヴェーカナンダ研究財団の教育部門は2002年5月にヨーガ大学院大学として認定をうけ、修士号、博士号が取得できるようになりました。また同財団では、バンガロール市郊外に西洋医も常駐するヨーガ治療施設を持ち、年間1万人を超える心身症患者さんたちにヨーガ療法を指導しています。

 

こんな記事も読まれています

ヨガセラピスト資格の情報

資格の取り方ヨガセラピスト養成スクール
資格の費用10万円~20万円
資格取得までの期間5日~20日間
就職率調査中
年収調査中
活躍の場所ヨガスクール
ヨガスタジオ
フィットネスクラブ
スポーツジムのヨガプログラム
カルチャースクール
伝統的なヨガ教室
個人サロン ほか

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2019 セラピスト資格情報サイトRiraSera!セラピストの資格の種類とお仕事や活躍を紹介するメディア