セラピスト資格取得情報サイトRiraSeraでは、セラピストの取得をはじめ、セラピストの資格の種類に関するすべての情報をお届けするセラピスト資格取得情報ポータルサイトです。


エンドオブライフ・ケア

エンドオブライフ・ケア資格とは??

だれもが生きてきてよかったと思えるように 自分の人生に誇りを持てる最期を迎えられるように、一部のエキスパートしか行えない援助ではなく、医療・介護に関わる全ての職種が行える援助を普及するために、また、人生の最終段階はどういったものであるかについて、社会的な認知を向上させるための活動資格。エンドオブライフ・ケアはこれからの終末期医療に係わる方に向けた資格です。

エンドオブライフ・ケア協会理事、めぐみ在宅クリニック医師 小澤竹俊先生は、1963年東京生まれ。世の中で一番、苦しんでいる人のために働きたい と願い、医師を志し、1987年東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。 1991年山形大学大学院医学研究科医学専攻博士課程修了。救命救急センター、農村医療に従事した後、1994年より横浜甦生病院 内科・ホスピス勤務、1996年にはホスピス病棟長となる。2006年めぐみ在宅クリニックを開院、院長として現在に至る。「自分がホスピスで学んだことを伝えたい」との思いから、2000年より学校を中心に「いのちの授業」を展開。2013年より、人生の最終段階に対応できる人材育成プロジェクトを開始し、多死時代にむけた人材育成に取り組んでいる。

こんな資格も調べられています



エンドオブライフ・ケア資格の情報

資格の取り方治療・療養の場を問わず、また職種や専門性に関わらず、多様な専門職と連携しながら、患者・利用者およびその家族が直面する「人生の最終段階:エンドオブライフ」でのケアに貢献したいと考えておられる医療・介護従事者の方。
「身体的痛み」に限らず、「何で私がこのような目にあうの?という理不尽な苦しみ(スピリチュアルペイン)」で苦しんでいる人が目の前にいるときに、言葉を失い、どうしてよいかわからないと感じている方。

医療・介護の現場経験1年以上
(医療・介護職として患者・利用者の)人生の最終段階に現在関わっている、過去に関わっていた、あるいは、これから関わろうとしている
学んだことを活かし、各事業所で伝えていく意思がある
※事例検討やロールプレイを行うため、上記を満たしていることを前提といたします。
※援助士認定を希望される方は、2日間の集合研修終了から1年以内に、現場での実践を踏まえて課題を提出していただきます。詳しくはこちらをご参照ください。
※受講前提を満たしていない、あるいは様々な制約があり2日間のご受講が叶わない方向けに、動画で学べるeラーニングコースをご用意しております。詳しくはこちらをご参照ください(ただし演習等は含まれておらず、1日間のスクーリングにて補いますが、スクーリング自体のご参加には上記同様の受講前提がございますので、あらかじめご了承ください)。
資格の費用32,400円(税込)
資格取得までの期間各講座にお申し込みの際にご確認ください。
就職率調査中
年収調査中
活躍の場所医療・介護・セラピスト・ボランティアなど、終末期医療に係わる業務


セラピストの求人情報

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2019 セラピスト資格情報サイトRiraSera!セラピストの資格の種類とお仕事や活躍を紹介するメディア