セラピスト資格情報サイトRiraSeraでは、セラピストの種類をはじめ、セラピストに関するすべての情報をお届けするセラピスト資格情報サイトです。

電磁波の人体への影響で免疫力が低下する?大地の上で電磁波カット

1月 26, 2018

電磁波の人体への影響とは?

あっちこっちで飛び回る電磁波ですが、電磁波を簡単に説明すると電場や磁場の集まったもので、浴びてしまうとからだに影響があると言われています。海外はすでに電磁への取り組みで、「防護基準の法制化」が行われていますが、日本は電磁波問題への取り組みが、かなり遅いと言われています。

数十年前から「電磁波はガンの発生率を高める」と言われ、各国の研究によると発ガンの可能性への関係は、はっきりとしていないと発表されているようです。ですが、安全とは言えないので、「無害とも言えない」ということしか、今の所分かっていません。私たちの日常生活の中で、電磁波は感じやすい人とそうでない人と個人差がありますが、「電磁波過敏症」という電磁波によって引き起こされる頭痛やめまい、眼の痛み、吐き気、アレルギー症状などの不調を訴えは、年々増加傾向にあるようです。

電磁波は免疫力を低下させる

電磁波代表的なものとしては、自血病や脳腫瘍、発ガンリスクの増大、血中リンパ球の減少、免疫力の低下など実験により報告されています。また、高血圧、勃起障害、婦人科系の病気など症状がでるほかに、細胞内の遺伝子レベルに損傷をもたらす可能性があることもわかってきています。特に子供が、携帯電話やゲームなど長時間することで、脳内にあるセロトニンの分泌が抑制されることから、自律神経の乱れから情緒障害が引き起こされたり、感情の抑制が困難になるなどの危険性もあり、医療機関でも呼びかけをするところが増えてきています。

電磁波から身を守る

自宅の中にある「電磁波」の原因を特定し、できるだけ撤去しましょう。「睡眠時間は携帯の電源を切る」「使わない電源コードは抜いておく」「ごはんは早朝に炊き上がるように設定する」など、工夫が必要です。また、普段の生活の中でも取り入れると良いでしょう。「水道の銀色の部分を手で触る」ことで、特に主婦は電化製品に囲まれていますが、水道の蛇口によく触る事が多いので勝手にアースされていることが多いです。「電車に乗った時、銀色の掴まり棒を右手で握り左手から電磁波を放出する意識を持つ」などは、通勤時間に手軽にできる対策の一つですね。

そしてもっともっとアースするために、定期的に裸足で土の上を歩き、アースすると良いでしょう。大きな木に触れ、木にアースすることも大切です。仕事が忙しく、アースする時間が取れない方は、湯船にじっくりと浸かり、1日の電磁波を取り除きましょう。入浴することで、体も温まり免疫力も高まります。

記事を監修したセラピスト

陸川祐有加先生

推定200万人と言われる難病「線維筋痛症」を自身で克服。療養しながら身につけた技術を生かし、人の体と心をサポートする。現在臨床心理士、ごしんじょう療法、三井温熱療法、ヨガインストラクターとして指導をしながら、体を快適にする様々な方法を伝えている。>>インタビューを読む

こんな記事も読まれています


リラクゼーションサロンに人気の入浴剤!

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2018 セラピスト資格情報サイトRiraSera!セラピストの資格の種類とお仕事や活躍を紹介するメディア