ラピスト資格取得情報サイトRiraSeraでは、セラピストの取得をはじめ、セラピストの資格の種類に関するすべての情報をお届けするセラピスト資格取得情報サイトです。


カラーセラピスト

カラーセラピストの資格とは??

「カラーセラピー」とは、色のもつ力を利用し、心や体に必要な色を処方するセラピーの事を言います。色は、それぞれにメッセージとエネルギーを持っていて、人間の精神面や感情面と密接な関わりがあると言われています。

日常の言葉の中にも、「顔が青くなる」とか「真っ赤になって怒る」、「顔面蒼白」、「腹黒い」など、私たちが自然とイメージする色が反映されています。「お湯=赤」「水=青」など、表記されていなくても、万人が受け取る色のエネルギーというものがあります。

その日の服装、カーテンや家具などを選ぶ時も、心地よくさせてくれる、気持ちを落ち着かせてくれる、慰めてくれる、元気づけてくれるという理由で、自然と色を選んでいます。色は光、つまり電磁波の一種です。電磁波といえば、赤外線・紫外線・X線などが有名ですが、人の目に見える色(可視光)もこの電磁波の一種になります。

色を波長の長いものから順に並べたとき、「赤>橙>黄>緑>青>藍>紫」と並びます。そしてこの赤の左隣には赤外線があり、紫の右隣には紫外線が並びます。赤外線や紫外線が人体に影響を与えるのはよく知られています。それと同じように、赤から紫の光も人体に影響を与えているそうです。たとえば、コタツなどに使われる赤外線が温度を上げるように、その隣にある赤色の光も人の体温を上げる効果があります。色のちがいは波長のちがいなので、人体に与える影響もそれぞれの色によって違います。

カラーセラピーで色を選んだ時、選んだ色によって心身の状態が反映されます。

たとえば、心がつらい状態にあるとき、無意識につらい感情をはき出すことができる色、逆に心がしあわせな状態のとき、そのしあわせを増幅させることのできる色を選びます。

心の状態にそって色を選ぶのは右脳のはたらきです。左脳の役割は合理的・目的にそって色を選ぶこと。昨日は何色の服だったから今日はこの色とか、この色と相性がいいのはこの色とか、それらは左脳の働きだそうです。人には自己治癒力があり、自分に必要な色を知っています。心が欲するままに色を与え、心が欲するままに色を使うというのが、カラーセラピーの原理といわれています。

カラーセラピスト資格の情報

資格の取り方 カラーセラピストには、「パーソナルカラー診断」「オーラソーマ」「色彩インストラクター」などの資格がいくつかあります。
それぞれ自分に合った講座を受け、資格を取ることによって、そのアイテムや教材を使うことが出来ます。ただ、専業でカラーセラピストとして就職する事は難しく、プロのカラーセラピストになるためには、ボトルや塗り絵、カラーストーンなど、複数の診断方法を知っているといいようです。できる診断法が多い方がリピーターに結びつきやすいようです。
資格の費用 入学金 10,000円のところが多いようです
受講料 10,000円~300,000円(コースによって、さまざまです)
その他 カラーボトル、終了証など別料金の場合もあります
資格取得までの期間 1日~1年
(コースによって、さまざまです)
就職率 カラーセラピストという仕事は、その資格単体では就職が難しいようです。介護施設や病院、エステサロン、ネイルサロンなどで、介護士や看護師、ネイリスト、エステティシャンという資格を取得している前提で、カラーセラピストの資格を持っているというところで、アピールにつながります。
年収 年収150万円~200万円
講師になると、それ以上の収入が期待出来ます
活躍の場所 カラーセラピストのメインの仕事は、サロンでお客さまにパーソナルカラーなど、マンツーマンでカウンセリングをすることです。カラーセラピーを行うために自宅サロンを開いたり、複数のセラピストと共同でサロンを運営したり、どこかに出向いて出張セラピーを行ったりします。カラーセラピーなどのサロンは比較的小資本でスタートすることができますが、それだけで運営するのは難しいようです。

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2019 セラピスト資格情報サイトRiraSera!セラピストの資格の種類とお仕事や活躍を紹介するメディア