セラピスト資格取得情報サイトRiraSeraでは、セラピストの取得をはじめ、セラピストの資格の種類に関するすべての情報をお届けするセラピスト資格取得情報ポータルサイトです。


治療家が勉強会をする目的とは?合格後すぐの開業は危険!?

9月 21, 2016

夢の独立・開業の背景に未熟な施術者が増加を辿る

90年代に3万人ほどだった柔道整復師の数は、養成スクールの設立条件が規制緩和されたことから急増し現在では、6万3,000人。施術所は、4万5,000か所に倍増しました。国家資格を得て、人体に関する知識を身につけても、適切な判断をするだけの経験を積んでいない施術者が増え続けているようです。

JB日本接骨師会の早津泰治会長は、「非常に遺憾に思っています。(以前は)割と修業の場が与えられたんですけど、なかなか人数、卒業生が多いことによって、修業をあまりしない形で、開業される方もなかにはいらっしゃると思います。技術の未熟さから来る被害、知識不足というものがあるんじゃないかと思います。」と話していたことから、柔道整復師だけに限らず治療家の質が年々低下傾向にあります。各地で積極的な勉強会やカンファレンスが開かれている中で、志を持つ治療家はどのぐらいいるのでしょうか?出典・引用:「クローズアップ現代“肩こり解消”で思わぬ被害!?~癒やしブームの陰で何が~」

独立・開業は儲けるためではなく患者を救うことが使命

「失敗しないための独立・開業!」「成功するための仕組みを学ぶ」など、失敗しない方法を教える民間企業が多く存在する中で、何を一番に学ぶことが大切でしょうか?現在の教育課程について、臨床実習が不十分であるということもなども考えられ、被害が実際に起こっている現状から言えば、資質向上ということで、全体の教育カリキュラムの見直しも必要ですし、お客様からしてみれば、資格者なのかどうかということなど、ほとんど理解していないことから、免許保有者と質の高い勉強をしていることを示すということが、より安全度の高いアピールポイントになります。

国家資格を所有有無に関わらず、人の体に触れるという責任を持って、治療家の志を高めてほしいですね。これは治療家・セラピストである以上の必要最低限のマナーです。

質の高い施術を学ぶためには「ジョブノート」で就職・転職

質の高い勉強会でっしっかり学び、次はキャリアアップ!
先輩の元でしっかりと経験し、夢の独立・開業を目指したいものです。

治療家・セラピストの求人サイト「ジョブノート」では、就職・転職相談から面談サポートなど充実、完全無料で就職成功を徹底サポートします。また、希望にベストマッチする求人を6000件以上から探します。そして、就職はゴールではなく、スタートラインと考え、就職後も頼れるパートナーとして親身に相談を受け付けてくれます。また、治療家専門のセミナーも多く開催しているため、同じ仲間を作ったり、勉強することができます。

サポート充実、質の良い求人情報掲載数業界NO1の求人サイト「ジョブノート」でキャリアアップしませんか?

記事を監修したセラピスト

RiraSeraスタッフ

セラピストの資格、介護士の資格を持ち、様々なボランティア活動や緩和医療チームなどに参加しています。また、人々の健康寿命の延伸を目標に、体温を上げることがいかに大切かを伝える活動を推進しています。

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2019 セラピスト資格情報サイトRiraSera!セラピストの資格の種類とお仕事や活躍を紹介するメディア