セラピスト資格取得情報サイトRiraSeraでは、セラピストの取得をはじめ、セラピストの資格の種類に関するすべての情報をお届けするセラピスト資格取得情報ポータルサイトです。


視能訓練士

視能訓練士資格とは??

「視能訓練士」(しのうくんれんし、英:Certified Orthoptist, ORT)とは、厚生労働大臣の免許を受けて、視能訓練士の名称を用いて、医師の指示の下に、両眼視機能に障害のある者に対するその両眼視機能の回復のための矯正訓練及びこれに必要な検査を行なうことを業とする者をいいます。視能訓練士は、国家資格を持つ医療従事者です。欧米では古くから眼のスペシャリストとして活躍しています。日本でも1971年に視能訓練士法が制定され、約13,000名が国家資格を取得しています。高齢化に伴い眼の疾患が増加しているため、今後の活躍が期待される医療職です。

視能訓練士の仕事内容は、大きく分けて、眼科関連検査の実施、視能矯正、リハビリ関連業務の3つです。また、学校等での集団検診のスタッフとして働くこともあります。
高齢化社会を背景に、糖尿病などの生活習慣病や緑内障・網膜色素変性症などの眼疾患で、重度の視機能障害をもつ患者さんの数は増加傾向にあります。こうした、視覚にさまざまな障害を持った方々の持っている視機能を最大限に活用し、拡大鏡などの補助具の選定や、その使用に関する指導を行い、生活の質をできるだけ元のレベルにまで高める手助けをします。近年はレーシッククリニックで働く視能訓練士も増えてきています。



視能訓練士資格の情報

資格の取り方視能訓練士になるには、視能訓練士国家試験に合格することが必要です。

・高等学校卒業後、指定の視能訓練士養成施設で3年間以上学ぶ(大学は4年制、専門学校は3年制)
・大学、短大、医療系保育系専門学校卒業後、指定の視能訓練士養成施設で1年間以上学ぶ
・外国で視能訓練士養成学校を卒業

の3つの中のいずれかを満たすこととされていますが、視能訓練士を目指すならば、最初に視能訓練士養成施設を探すのが一般的です。視能訓練士養成施設では資格試験のために規定された授業が行われるので、全国どこの養成施設を選んでも内容・難易度は同じです。
資格の費用150万円(1年制)~400万円(3年制)
資格取得までの期間1年~4年
就職率看護系の学校や養成所では専門分野についての教育が積極的に行われるため、資格試験の合格率は高い(例年 90%を超える)傾向にあります。

国家試験合格者の就職率は、90%以上。
年収350万円〜600万円
平均年収 391万3000円※正規職員の年間所得(2010年)
活躍の場所●病院、リハビリテーションセンター、 眼科診療所、保健所などの医療行政機関
●医療機器関連業、医薬業関連企業
●大学や養成施設などの教育・研究機関
●レーシッククリニック


セラピストの求人情報

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2019 セラピスト資格情報サイトRiraSera!セラピストの資格の種類とお仕事や活躍を紹介するメディア