セラピスト資格情報サイトRiraSeraでは、セラピストの種類をはじめ、セラピストに関するすべての情報をお届けするセラピスト資格情報サイトです。

温活コラム

腰痛もちの子供が急増!子供の腰痛の原因4つ

腰痛もちの子供が急増!子供の腰痛の原因4つ

腰痛と言えば、加齢による筋力の低下や骨の老化など「大人の症状」というイメージがありますが、近年、食生活や生活習慣の変化、運動やスポーツによる腰骨への反復する負担などに伴い、腰痛で悩む子ども(15歳以下)も増えていると言われています。

最近では、重たいランドセルを背負って学校へ通っている子供が、腰痛を抱えているというニュースなども目にするようになりました。その他、生活リズムの乱れから、子どもの「低体温」「冷え症」も増えているそうですが、腰痛とも関係があるようです。

温活に欠かせない足浴の驚く効果5つ!足浴の適正温度と時間

温活に欠かせない足浴の驚く効果5つ!足浴の適正温度と時間

リフレクソロジーやエステのサロンなどで施術前に「浴」を取り入れている店舗は多いですよね?
「足浴」とは、足をお湯に浸すだけの「部分浴」のことですが、足を温めることによって全身が温まるだけでなく、さまざまな効果が期待できます。

お茶の効果!身体を温めてくれるお茶の種類とは?

お茶の効果!身体を温めてくれるお茶の種類とは?

緑茶は日本人にとって、ソウルドリンクとも言えるとてもなじみ深い飲み物です。年配の方なら毎日飲んでいる人も多いのではないでしょうか?温かい緑茶はもちろんのこと、夏はアイスで飲んでも美味しく、ホッと一息つける飲み物です。また、緑茶以外にもよく飲まれているのが紅茶や烏龍茶で、ホットでもアイスでも美味しいですよね。それでは、緑茶、紅茶、烏龍茶にはどんな特徴や効果があるのでしょう?

美入浴のススメ!美容に効果的な「正しい入浴方法」とは?

美入浴のススメ!美容に効果的な「正しい入浴方法」とは?

ちょっと面倒!と、お風呂タイムを面倒くさいと嫌っていませんか?また、肌荒れやカサカサなど、お肌のトラブル気になっていませんか?
入浴は、代謝を上げて血流をよくし、美肌をつくる“エステタイム”でもあるのです。規則正しい生活と入浴法を身に着けて、健康で美しい身体を手に入れましょう!

睡眠の質ってなに?美快眠で健康な肌と免疫を高めるための条件

睡眠の質ってなに?美快眠で健康な肌と免疫を高めるための条件

免疫力とは、私たちの体が持っている自己防衛機能のことだというのは、ご存じでしょう。
免疫力を高めると、細菌やウィルスなどに強くなり、風邪や癌など様々な病気に掛かりにくくなります。女性なら、美しい肌や、いつまでも美しく若々しい体を手に入れたいと思うもの。
睡眠と免疫力、老化防止(アンチエイジング)や美肌とは深い関係があるのです。

快適な安眠とは?快眠にはストレッチと入浴が欠かせない!

快適な安眠とは?快眠にはストレッチと入浴が欠かせない!

あなたは快適な睡眠を得て、毎晩グッスリ眠れていますか?
人間は、寝ている間に質の良い睡眠(レム睡眠=脳は働いていているが体は休んでいる状態 )と深い睡眠(ノンレム睡眠)を繰り返しています。 でも、レム睡眠によって体は休んでいてもノンレム睡眠によって組織や神経の修復が行われないと疲労がとれず、起きた時に体がだるかったりすっきりしないのは、ノンレム睡眠をしっかり取れていないからということになります。
では、ノンレム睡眠はどうすれば取れるのでしょう!それを、これからお話していきますね。

体温調節と筋肉の関係!タッチフォーヘルス(キネシオロジー)経絡との繋がり

体温調節と筋肉の関係!タッチフォーヘルス(キネシオロジー)経絡との繋がり

キネシオロジー・タッチフォーヘルス

不妊症と薬の副作用を克服できる?!アーユルヴェーダ式「妊活」に欠かせない3つのポイント

不妊症と薬の副作用を克服できる?!アーユルヴェーダ式「妊活」に欠かせない3つのポイント

不妊治療に悩む夫婦の数は年々増しています。不妊専門相談センターへの相談数は、平成24年の段階で21,452件に登ります。

不妊治療の一般的な治療法は、薬物療法となります。まずは不妊である原因を探り、原因と考えられる症状に応じた薬物療法から、治療をスタートすることになります。
不妊症である原因が明確ではない状態でも、妊娠を成功させるために、排卵誘発といった薬物療法を試されることが現状です。

東日本大震災や熊本地震で活躍するボランティア!チームケアや多就職連携にも必要なボランティアの活躍!

東日本大震災や熊本地震で活躍するボランティア!チームケアや多就職連携にも必要なボランティアの活躍!

ボランティアと言えば、東日本大震災の被災地や熊本地震による被害に対し、側溝整備(泥だし)、田畑・河川の土手のがれき除去、被災家屋(個人宅)のがれき除去や清掃、土砂の土嚢詰めや救援物資の仕分け作業、避難所の環境改善活動などを中心としたボランティア活動が実施されてきました。これらのボランティア活動には、被災者とのコミュニケーション、人間関係づくりが必要となることから、ボランティアの特性が生きる重要な役割になりました。

森林セラピーの効果の秘密とは?日本が学びたいドイツの自然療法

森林セラピーの効果の秘密とは?日本が学びたいドイツの自然療法

ドイツは日本と並ぶ温泉大国です。

ドイツの温泉といえばバーデンバーデンが良く知られていますが、ドイツ南部バイエルン州にあるバード・ヴォーリスホーヘン(Bad Wörishofen)は、「クナイプ療法発祥の地」として知られ、120年の歴史を持つ自然療法のメッカとしても世界的に注目されている人気の保養地です。

体の冷えと体の歪みはアトピーの敵!体を温めてボディと内臓の歪みを改善!

体の冷えと体の歪みはアトピーの敵!体を温めてボディと内臓の歪みを改善!


アレルギーの種類には、喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、結膜炎など様々な種類があります。
中でも、国民の約 1 割がアトピー性皮膚炎に罹患していると考えられています。
アトピーの多くの方が、悩んでいることはご存知の通りですが、その中には入院が必要なほどの重症化を抱えるアトピー患者がいるということです。

冷え性はむくみの原因に?!一過性のむくみの6つの原因

冷え性はむくみの原因に?!一過性のむくみの6つの原因

「むくみ」とは、「血管の外側の組織に余分な水分がたまっている状態」です。余分な水分というのは「血漿(けっしょう)」といわれるもので、血管から血漿が滲み出し、血漿から生じた組織液の一部がリンパ管の中に取り込まれ、リンパ液となります。リンパ液は体を巡回して血液に戻りますが、「何かの原因」でこの「血漿」がリンパ管に入れず、過剰にたまると「むくみ」となります。「むくみ」は医学用語では「浮腫(ふしゅ)」といいます。むくむ原因は正確には解明されていないようですが、次のような事が考えられます。

リンパマッサージとは?冷え性対策のためのリンパの仕組みを学ぶ

リンパマッサージとは?冷え性対策のためのリンパの仕組みを学ぶ

健康や美容に関心が高まる昨今、「むくみ改善や、血流を良くするため、リンパマッサージやリンパドレナージュが効果的」などという表現をよく見聞きします。「リンパマッサージ」「リンパドレナージュ」はよく知られていますが、実は「リンパドレナージ」という言葉もあるのはご存知でしょうか?

どれも、リンパを流す目的ではありますが、「リンパマッサージ」「リンパドレナージュ」は、主にエステ・リラクゼーション業界で使われている施術、手技のことです。

育児ノイローゼからくる症状と改善法は?リラクゼーションと体温の関係

育児ノイローゼからくる症状と改善法は?リラクゼーションと体温の関係

年々、働くお母さんが多くなっている中、家庭のこと、仕事のこと、子供のことなど、毎日大変な思いをしていますよね。また、「待機児童問題」の背景などから、働きたくても働けず、子供と過ごす時間が長いお母さんも多いのではないでしょうか。核家族が8割にも及ぶ日本では、お母さんの心配事や孤独感、ストレスなど様々な悩みを抱えて子育てをしている人がほとんどと言っても過言ではないのかもしれません。

簡単に悩みを打ち明けられなかったり、蓄積された疲労感、子育てで寝る時間も奪われることによって次第に、「育児ノイローゼ」になっていたということもあるのではないでしょうか。

大筋群を鍛えて体温と免疫力をアップする効果的な運動法!

大筋群を鍛えて体温と免疫力をアップする効果的な運動法!

体温が1℃上がると免疫力は5~6倍、体温が1℃下がると、免疫力は30%下がると言われていることはもう、ご存知の通りですね。50年前の日本では、大人の平均的な体温は36.8℃前後、子どもの場合は37.0℃前後あったそうです。 しかし現在では、 高い人で36.2~36.5℃程度。35℃台という「低体温」の人も多いようです。 日本人の体温は、この50年間で1度近くも下がっているんですね。

話題のスロトレ(スロートレーニング)で温活!筋肉を鍛えて免疫力UP!

話題のスロトレ(スロートレーニング)で温活!筋肉を鍛えて免疫力UP!

運動が続かない、フィットネスに通ったけど途中でやめてしまった、プロテインなどサプリや健康食品など試してみたけど、ダメだったという人が多くいる中で、温活やダイエットに失敗している人がチャレンジしている「スロトレ」が気軽で無理なく続けられるとチャレンジしている人が続出しているのをご存知でしょうか?

そもそもスロトレとは、スロートレーニングの略で、無理なく運動・筋トレをゆっくりと行うことを指します。

アレルギーを回復するためには?自律神経のバランスを整える2つのポイント

アレルギーを回復するためには?自律神経のバランスを整える2つのポイント

花粉症と並ぶ、国民的アレルギー疾患であるアトピー性皮膚炎は、小児を中心に発症していますが、近年大人の発症率も高く、もはや“子供の病気”ではなくなっています。理由もわからず“かゆみ”が起きることからアトピー(不思議な)と名付けられました。皮膚に症状が限局していますが、アレルギーであるため、皮膚炎でありながら血液疾患という文字通り不思議な疾患です。
アトピーというと、特別な疾患のように思われますが、私は体が必要だからアトピーという状態、つまり毒素を皮膚から排泄している状態と考えています。皮膚に出ている毒素が、体の中に滞留したらどうなるでしょう?内臓を始めいろんな臓器や細胞がおかしくなってしまいます。アトピーという状態は、人間が体を守るため、つまりアトピーという状態を作って体を守っている防御反応なのです。

メタボリックシンドロームとは?生活習慣病が引き起こす病気の恐怖

メタボリックシンドロームとは?生活習慣病が引き起こす病気の恐怖

その名の通り「メタボ」という言葉をよく耳にしますが、最近の日本でも、体の大きな男性や女性を見かけることが多くなりましたね。
このメタボリックシンドロームこそ、「肥満」と呼ばれる人種になります。

温活でダイエットに成功する方法!痩せやすくする重要な役割「代謝」を使う方法

温活でダイエットに成功する方法!痩せやすくする重要な役割「代謝」を使う方法

「代謝」という言葉をよく耳にしますが、正しい意味の代謝とはご存知でしょうか?「基礎代謝が低下しているから太りやすい」、「新陳代謝が悪いからむくみや血行不良になる」など、目にすることも多いはずです。「基礎代謝」や「新陳代謝」は、なんとなくだけれど「ダイエット」には「代謝」が大事だということは、なんとなくご存知かと思いますが、実際の意味を調べたことはありますか?

国民を脅かす存在「がん」と「低体温」の関係!健康体温36.5度以上で免疫強化の時代へ

国民を脅かす存在「がん」と「低体温」の関係!健康体温36.5度以上で免疫強化の時代へ

年々増加する「がん」。
2人一人が「がん」になり、3人に1人は「がん」で亡くなっている時代になりました。国立がん研究センターは2016年7月21日の掲載で、がん患者の5年生存率の最新推計データを公表しています。2006~2008年にがんと診断された人の5年生存率は62.1%で、03~05年に診断された人と比べて3.5ポイント上昇となり、60%を超えています。

健康に良いとされるアーユルヴェーダ式「白湯」の飲み方!

健康に良いとされるアーユルヴェーダ式「白湯」の飲み方!

水道水が飲める国は、世界196か国中、たった15か国と言われている中で、自宅の水道水をそのまま飲む人はどれくらいいるのでしょうか?インターワイヤードの調査(2015年6月23日~7月3日)結果から回答した人が2人に1人が水道水以外を利用しているのが実情です。

日本の入浴文化にアロマを取り入れた入浴を!香りを楽しみながら副交感神経を優位に

日本の入浴文化にアロマを取り入れた入浴を!香りを楽しみながら副交感神経を優位に

香りには心にある感情や行動、記憶をつかさどる大脳辺縁系という場所に一瞬で伝わるようになっています。「考える」という動きをダイレクトに感じる唯一の感覚が「嗅覚」です。 自信の安全・危険を瞬時に判断するためにあると言われています。からだの生理機能をコントロールする部分へと伝達され自律神経、免疫系などの働きのバランスをとるこで、心身へ影響されていくと言われています。
香りとひとことで言っても、好きな香りは当然、人それぞれ皆違いますよね。それは今までに体験して来た事から甦る記憶に関係していると言われています。体験した情景や経験と香りの記憶が不思議と繋がり、気持ちが落ち着いたり懐かしさを感じたりします。「香り」は目には見えるものではないですが、効果的に使用する事で様々なアプローチができます。

驚くべき入浴の魅力3つのポイント「温熱作用」「水圧作用」「浮力作用」で正しく入浴!

驚くべき入浴の魅力3つのポイント「温熱作用」「水圧作用」「浮力作用」で正しく入浴!

入浴には意外と知られていない、身体に嬉しい3つの作用があります。
お湯に浸かることで、「温熱作用」「水圧作用」「浮力作用」の3つの物理的作用が働きます。入浴習慣が定着している日本では、この作用について医学的に研究・証明されています。

意外と知られていない経皮毒の恐怖!体に触れる「水」からキレイに!

意外と知られていない経皮毒の恐怖!体に触れる「水」からキレイに!

肌荒れやシミから守る化粧品に含まれる「経皮毒」の恐怖!「経皮毒」という言葉が最近よく聞かれるようになりました。いつも何気なく使っているシャンプー・リンス・パーマ液・ヘアカラー剤・化粧品・入浴剤・歯磨き粉、これらには合成界面活性剤・安定剤・合成香料・着色料などの有害と言われる合成化学物質が、たくさん含まれているとご存知の方も多いはず。これらに含まれる合成界面活性剤などの有害な合成化学物質が、皮膚から吸収され、体内に蓄積されると言われています。特に肌が弱い人は、経皮毒からアレルギーに発展する可能性があると話題になっていますね。

氣の流れの良い、しなやかな身体づくりをめざし、体温を上げる

氣の流れの良い、しなやかな身体づくりをめざし、体温を上げる

氣の流れの良い身体とは、血液やリンパの流れが良い「代謝の良い」身体のことです。
不調なところはその部分が冷えていたり、触ると凝り固まっていたり、痛かったりします。「手当て」という言葉がある通り、そういうところを手で温めたりさすったりするだけで、血液やリンパの流れがよくなることもあります。

温泉が親しまれるわけ!温泉保養士の資格を持つ植竹さんが評価する名湯

温泉が親しまれるわけ!温泉保養士の資格を持つ植竹さんが評価する名湯

日本では、昔から温泉を利用して病気を治療する「湯治」がおこなわれてきました。また、現代医学においても、温泉の療養効果は高く評価されています。
「温泉は万病に効く」と言われ、肩凝りや腰痛をはじめ、冷え症や不妊症のほか、ガンや難病など、非常に多くの疾患がその効能として挙げられています。また、血液循環の改善やリラクゼーション効果が期待できることから、自然治癒力を活性化する力があると言われています。

植竹深雪さんが選んだ「あまり教えたくないけど、教えちゃいます!」温泉ランキング・ベスト1 「長湯温泉」

植竹深雪さんが選んだ「あまり教えたくないけど、教えちゃいます!」温泉ランキング・ベスト1 「長湯温泉」

「長湯温泉」は、大分県竹田市、久住山系の東の麓に位置する直入町にあります。シュワシュワの泡が人気で、「飲んで効き 長湯して利く 長湯のお湯は 心臓胃腸に血の薬」と称えられています。マグネシウムやカルシウム、鉄分などの成分を含んだにごり湯が多く、浸かれば心臓病、飲めば胃腸に効くと言われているのは、炭酸ガスが豊富に含まれた「炭酸泉」という泉質にあります。炭酸ガスは体内に吸収されると毛細血管を拡張し、血行を促進するという性質があり、疲労回復、皮膚病、関節リウマチ、座骨神経痛のような痛みや運動障害を伴う病気にも効果が期待できます。また飲むことによって慢性胃炎や便秘症、肝臓病、糖尿病、痛風などに効能があると言われています。

植竹深雪さんが選んだ「あまり教えたくないけど、教えちゃいます!」温泉ランキング・ベスト2「鶴の湯温泉」

植竹深雪さんが選んだ「あまり教えたくないけど、教えちゃいます!」温泉ランキング・ベスト2「鶴の湯温泉」

十和田、八幡平国立公園の乳頭山麓に点在する七湯が乳頭温泉郷と呼ばれています。鶴の湯温泉、妙乃湯、黒湯温泉、蟹場温泉、孫六温泉、大釜温泉、休暇村乳頭温泉郷の七湯は独自に源泉を持ち、その泉質は多種多様で、合計すると十種類以上もの源泉があります。ブナの原生林の呼吸によって澄んだ空気の中、さまざまな泉質の温泉を堪能できます。また、山菜やきのこなど、自然溢れる恵も味わうことが出来ます。

植竹深雪さんが選んだ「あまり教えたくないけど、教えちゃいます!」温泉ランキング・ベスト3「栗野岳温泉」

植竹深雪さんが選んだ「あまり教えたくないけど、教えちゃいます!」温泉ランキング・ベスト3「栗野岳温泉」

栗野岳温泉(くりのだけおんせん)は、鹿児島の霧島温泉の少し北西の栗野岳中腹にあります。霧島温泉郷としては1カ所だけ離れた場所にありますが、杉木立を縫って標高700㍍まで上ったところに、噴気の山を背に立つ一軒宿の「南洲館」があります。「地獄」の名を持つ秘湯の宿は何軒かありますが、ここ「南洲館」の八幡大地獄、ラジウム地獄の噴気はその規模や勢いがみごとで、九州一の噴気孔とも言われています。

植竹深雪さんが選んだ「あまり教えたくないけど、教えちゃいます!」温泉ランキング・ベスト4「あきしげ湯」

植竹深雪さんが選んだ「あまり教えたくないけど、教えちゃいます!」温泉ランキング・ベスト4「あきしげ湯」

温泉マニアの間ですこぶる評判が高い日帰り温泉「あきしげゆ」は、宮崎県えびの市の霧島国立公園の北側にあります。比較的温泉が少ない宮崎県の中でも、この辺りは温泉が沢山あるエリアで、「あきしげ湯」はJRえびの駅から車で10分ほどの、霧島連山が一望できる高台にあります。「あきしげ湯」の魅力は、泉質の良さもさることながら、経営されている御夫婦の心温まるなおもてなしにもあるようです。「あきしげ湯」という名前は、経営されているご主人の秋元(あきもと)さん・奥様の成子(しげこ)さんの名前に由来しているそうです。霧島山が大好きなご主人は何年か前脳梗塞で倒れたそうですが、温泉のおかげでなんとか歩けるくらいに回復したということで、当初は自宅用の温泉だったのを増築して一般客に開放したということです。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2018 セラピスト資格情報サイトRiraSera!セラピストの資格の種類とお仕事や活躍を紹介するメディア

Copyright © 2018. All Rights Reserved. Designed by Fort Lauderdale Personals
Top