セラピスト資格取得情報サイトRiraSeraでは、セラピストの取得をはじめ、セラピストの資格の種類に関するすべての情報をお届けするセラピスト資格取得情報ポータルサイトです。


ボディケアセラピスト

ボディケアセラピストの資格とは??

ボディケアセラピストとは、衣服の上から身体に直接触れて、手技や空間演出などで、お客様の心の緊張緩和と、身体の休養のためのボディケアを行う人の事をいいます。「リラクゼーションセラピスト」という職業に分類されます。リラクゼーションセラピストは民間資格なので、あん摩マッサージ指圧師のような国家資格ではありませんので、「マッサージ」「治療」という言葉は使えません。

リラクゼーションセラピストは、2012年には日本における職業として総務省において、「日本職業分類コード429」として制定されました。そして2014年4月、総務省の日本標準産業分類において「リラクゼーション業(手技を用いるもの)」が新設されました。

 

7893リラクゼーション業(手技を用いるもの)
手技を用いて心身の緊張を弛緩させるための施術を行う事業所をいう。ただし,エステティックを業とする者がその業務を行う事業所は細分[7892]に,医業類似行為を業とする者がその業務を行う事業所は大分類P-医療,福祉[835]に分類される。
なお,手技を用いないでその業務を行う事業所は細分類[7899]に分類される。
○ボディケア・ハンドケア・フットケア・アロマオイルトリートメント・ヘッドセラピー・タラソテラピー(心身の緊張を弛緩させるのみのもの)

 

手技を通したコミュニケーションにより、心の緊張緩和と、身体の休養のための施術を行う事業所のことを言うそうです。
一般社団法人リラクゼーション業協会の自主基準によると、「リラクゼーション業は、手技と、高いコミュニケーションスキルでの接客による施術サービスで、男女・年齢を問わない幅広い利用者の、心と体の癒しをサポートする産業である。また、この基準におけるリラクゼーション(relaxation)とはリラックスすることで、心と身体の「休養」「気晴らし」「緊張の緩和」のことを言い、交感神経の興奮が抑えられ、副交感神経の働きが優位になっている状態のことであり、空間演出や音楽で五感に安らぎを与え、心をリラックスさせ、身体へは手指などを使って心と身体が緊張から解放される時間を提供することを主目的とする。」とあります。
主に「癒し」を目的とし、「揉む」「押す」「叩く」などの手技と、ストレッチなどを融合させたものが一般的です。その施術を行うのがホディケアセラピストの仕事です。
手や指を使い、やさしく揉みほぐすことによって、お客様の身体の疲れや肩のコリ、腰痛、日ごろのストレスなどを緩和するのを助けます。
また、身体のバランスを整え、全身の血行やリンパの流れを促すことによって、心身の疲れを緩和し、自然治癒力を高める事が期待されます。

 

ボディケアセラピストのイメージは、ゆったりとしたイメージがありますが、実際は体力が第一のかなりハードな仕事です。自身の体力はもちろん、人体の筋肉や骨格、内臓または病気などの勉強、一人ひとりの生活習慣や体質、目的に合わせた施術が行えることに加え、人を癒すことへの高い関心とカウンセリング力が必要になってきます。お客様の身体に直接触れる仕事ですので、清潔感、細やかな気配り、接客力が必要になってきます。

ボディケアセラピスト資格の情報

資格の取り方一般社団法人日本リラクゼーション業協会にて資格を取得できます。また、一般社団法人日本リラクゼーション業協会に参加している企業へ就職し、資格を取得することもできます。
資格の費用0円から~就職先にて資格を取得できます。
資格取得までの期間研修制度は会社によって様々です。就職先へお問い合わせください。
就職率80%
年収平均300万
活躍の場所温浴施設のリラクゼーション、チェーン店舗のリラクゼーション、独立も可能です。また、リラクゼーション(ボディケア)セラピストの資格を持っている人は、「リフレクソロジー」、「アロマテラピー」、「タイ古式」などの資格を持っている人が多いようです。


セラピストの求人情報

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2019 セラピスト資格情報サイトRiraSera!セラピストの資格の種類とお仕事や活躍を紹介するメディア