セラピスト資格取得情報サイトRiraSeraでは、セラピストの取得をはじめ、セラピストの資格の種類に関するすべての情報をお届けするセラピスト資格取得情報ポータルサイトです。


アーユルヴェーダ・セラピスト

アーユルヴェーダ・セラピストの資格とは??

日本でも最近は、アーユルヴェーダという言葉が聞かれるようになりましたが、アーユルヴェーダは単なる癒しや美容法ではなく、精緻な体系と理論を備えたインド・スリランカの約5000年以上の歴史を持つ世界最古の伝統医学です。ユナニ医学(ギリシャ・アラビア医学)、中国医学と共に世界三大伝統医学のひとつであり、相互に影響し合って発展しました。

トリ・ドーシャと呼ばれる3つの要素(体液、病素)のバランスが崩れると病気になると考えられていて、これがアーユルヴェーダの根本理論になります。

サンスクリット語のAyuh(生命・寿命)Veda(科学・知識)を合わせた言葉から、生命そのものを科学する医学、あるいは実践的な生活健康法として受け継がれてきました。中国の漢方と同様、世界保健機構(WHO)によって公式に承認されています。

アメリカでは、ニューエイジ運動(1970 – 80年代)で、アーユルヴェーダをはじめとする様々な伝統医学・ホリスティック医学が注目されました。1998年にアメリカ国立衛生研究所(NIH)に国立補完代替医療センター(NCCAM)ができたことをきっかけに広まり、世界各地で現代医学を補完・代替する医療として利用されている西洋医学が、病気の症状を取り除く治療医学であるのに対し、アーユルヴェーダはより健康に、長寿や若さを保つことを目的とした予防医学になり、極めて洗練された健康法として脚光を浴びるようになり、1977年には日本でもヨーガと共に知名度も上がり多くの人に注目され始めています。

アーユルヴェーダは、アヴィヤンガと言う「オイルを塗布する処置」で、全身をオイルトリートメントしていき、身体と心に溜まった不調の原因となっているアーマ(未消化物)や毒素を取り除きます。また、身体と心に必要な栄養を補充します。効果としては、深いリラクゼーション、心身を丈夫にする、疲れや痛みの軽減、ストレス回復、眠りを促す、皮膚を強くして色つやを良くするなどがあります。

最近では医療関係や介護やリハビリなどに役立つとして、「質の高い健康を維持する」という目的のアーユルヴェーダを教えるスクールが増えてきました。

こんな資格も調べられています

アーユルヴェーダ・セラピスト資格の情報

資格の取り方スクールによっては、短期間(1週間程度)で、アドバイザーとしての資格を取得出来るところから、1年ほどかけて解剖学やハーブなどを勉強し、インストラクターまで取得出来るところまでありますので、自分の目的に合わせて選ぶとよいでしょう。
資格の費用25,200円~1,500,000円
資格取得までの期間6日~1年
就職率サロンへの就職率 90%
開業率 60%
年収サロン勤務など、200万円~
経営者になると、1000万円クラスの人も。
活躍の場所アーユルヴェーダは国家資格ではありませんが、各スクールの卒業後は、スクール提携のサロンに就職するか、セラピストとして個人的にサロンを開業しているケースがほとんどです。

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2019 セラピスト資格情報サイトRiraSera!セラピストの資格の種類とお仕事や活躍を紹介するメディア