セラピスト資格情報サイトRiraSeraでは、セラピストの種類を始め、リラクゼーションセラピスト資格、メンタルセラピストの資格、心理セラピストの資格、整体の資格、マッサージの資格など様々なセラピストの資格情報を伝える、セラピスト資格を取得するための資格情報サイトです。

温活でダイエットに成功する方法!痩せやすくする重要な役割「代謝」を使う方法

4月 15, 2017

「代謝」と呼ばれる種類

「代謝」という言葉をよく耳にしますが、正しい意味の代謝とは何か?ご存知でしょうか?「基礎代謝が低下しているから太りやすい」、「新陳代謝が悪いからむくみや血行不良になる」なども、よく聞く言葉ですよね?「基礎代謝」や「新陳代謝」は、なんとなくだけれど「ダイエット」には大事だということはご存知かと思いますが、実際の意味を調べたことはありますか?

私たち人間は、豚肉や牛肉や野菜を食べますが、身体が赤色や緑色に変化することはありません。これは、私たちの身体が食物をそのまま利用しているのではなく、必ず栄養素にまで分解し、身体に合う材料に作り替えて利用しているからです。この 「作り替える」という身体の機能を、生理学では「代謝」と呼びます。

「代謝」とよばれる化学反応には大きく、「異化作用」と「同化作用」があります。
「異化作用」は、物質を分解して変化させていく作用のことで、その過程でたくさんのエネルギー(ATP)が蓄えられます。
「同化作用」は、エネルギーを利用して物質を作っていく作用のことです。人間の場合ですと、細胞を作ることを「同化作用」と言い、「新陳代謝」も「同化作用」になります。

体脂肪を例にするなら、身体に蓄えられた体脂肪を分解してエネルギーを得る反応が「異化作用」、食事から摂取したエネルギーから体脂肪をつくりだすことを「同化作用」と言います。この「異化作用」、「同化作用」の反応をまとめて「代謝」と言うのです。

一方「基礎代謝」とは、運動をせずに安静にした状態で消費されるエネルギー、私たちが生きていくための最低限必要なエネルギーのことを意味します。

「基礎代謝量」とは、心身ともに安静な状態の時、呼吸や心拍、腎機能の維持など、生きていくために必要な基本的生命活動に、どれくらいのエネルギーを必要とするかを示しているものです。この「基礎代謝量」は、体表面積や性別などによって変わり、発育のために大量のエネルギーを必要とする小児は基礎代謝量が多くなり、高齢になると筋肉が萎縮(いしゅく)するのに伴い、その基礎代謝量は劇的に減っていきます。

間違ったダイエット法はリバウンドを引き起こす

一度はダイエットに成功で見た目も変わったと思い油断したら、見事にリバウンドしたなんて経験ありませんか?それは、基本的に「痩せるための身体づくり」ができていないことが一つの原因として考えられます。成功するリバウンドしないダイエット法に重要なのは、「基礎代謝量」を多くすることです。「基礎代謝を高める」ことで、リバウンドしない自然な体型を作ることができます。

「基礎代謝を高める」方法はいくつかあります。一般的に言われている基礎代謝の高め方は以下の通りです。

●基礎代謝を上げる食品やサプリメントを取る
●筋肉量を増やすため筋トレをする
●基礎体温を上げ基礎代謝を上げる

しかし、ほとんどの人が間違ったダイエット法や、無理なダイエット法を行うので、体に負担をかけるどころか、細胞や血管に傷をつけてしまっています。
ここでオススメするダイエット法は、「基礎体温を上げ基礎代謝を上げる」ことです。

体温を維持するということはダイエットに成功するために必要不可欠

体温は健康を維持する上でとても大切な要素です。何故なら体温は健康に様々な影響を及ぼすからです。

現代人は様々な病気に悩まされていますが、その原因の一つが「低体温」と言われています。平均体温が36℃を下回る「低体温」の状態では血流が悪くなりその結果免疫力が低下してしまいます。免疫力が低下すると普段では何とも無かったウイルスに負けてしまったり、様々な疾患に罹りやすくなってしまいます。

また、私はダイエットの指導を行っていますがダイエットを行う上で「体温」は重要な要素です。というのも、体温が高い人ほど血流が良く基礎代謝も高くなる傾向があります。基礎代謝が高いほど脂肪が燃えやすくなるので、「体温」を上げる事は健康に良いだけではなくダイエットにも良いのです。

では具体的に体温を上げるにはどうすれば良いのかというと、まずは「運動量を増やす事」です。もっと具体的に言うと「歩く量を増やすという事」です。

何故歩くのが良いのかと言うと、歩く量を増やすことによって下半身の筋肉を使う機会が増えるからです。人間の筋肉の大半は下半身に集中しています。そして筋肉は「血流を促進するポンプ」のような役割を担っています。筋肉をしっかりと使い筋肉が増える事によって血行が良くなり、結果的に「体温」が上昇しやすくなります。歩く量が増えて筋肉が増えると「体温」が上がって健康に良いだけでは無くダイエットにもとても良いです。

現代人は歩く量がどんどん減ってきているので、歩く量を増やしていくことが「健康」にも「ダイエット」にも必要です。「体温」を普段から気にしている人はそこまで多くないと思いますが、これからは「体重」「体脂肪率」と同じくらい重要な指標になっていくべきだと思います。何故なら「体温」は血流や筋肉量、基礎代謝などを総合した「今の体の健康度を表す指標」として活用出来るからです。

健康の為にもダイエットの為にも体温を上げる「温活」に取り組んでみる事をオススメします。

記事を監修したセラピスト

福田圭亮先生

健康的な正しいダイエットの専門知識を持ち、無理のないダイエット法を伝えるダイエットのための指導コーチ。自身の体験から、無理のない体に優しいダイエット法を、オンラインで伝える「オンラインダイエットコーチング」式で話題を呼んでいる>>インタビューを読む

こんな記事も読まれています


リラクゼーションサロンに人気の入浴剤!

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2017 セラピストになるための資格情報サイトRiraSera

Copyright © 2017. All Rights Reserved. Designed by Fort Lauderdale Personals
Top