セラピスト資格情報サイトRiraSeraでは、セラピストの種類を始め、リラクゼーションセラピスト資格、メンタルセラピストの資格、心理セラピストの資格、整体の資格、マッサージの資格など様々なセラピストの資格情報を伝える、セラピスト資格を取得するための資格情報サイトです。

体の冷えと体の歪みはアトピーの敵!体を温めてボディと内臓の歪みを改善!

8月 09, 2017

今も鳴りやまない重症化するアトピー患者の声

アレルギーの種類には、喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、結膜炎など様々な種類があります。
中でも、国民の約 1 割がアトピー性皮膚炎に罹患していると考えられています。
アトピーの多くの方が、悩んでいることはご存知の通りですが、その中には入院が必要なほどの重症化を抱えるアトピー患者がいるということです。

実際にアトピーで相談した方の数を、3年に1度厚生労働省が「患者調査」を行っています。グラフを見ると、全体として若年者に多いということがわかります。

出典:厚生労働省:アレルギー疾患の現状等より

アレルギー疾患を持つ人の背景からは、ストレスをはじめ、食生活や環境などからくる冷え、つまり「体温の低下」が指摘されています。
冷えからくる体温の低下、運動不足からくる体温の低下、ストレスからくる体温の低下、食生活からくる体温の低下など、冷え性になる原因の要素は様々のようです。

アレルギー性皮膚炎のひとつの原因として、冷えからくる「低体温」であることも考えらえます。

アトピーは冷え性だけではなく「体の歪み」にも原因が!?

冷え性は自律神経のバランスを崩し免疫を低下させるだけではなく、血行も悪くなってしまいます。
誰もが知る一般的な冷え性の原因ですが、最近は「体の歪み」も原因のひとつとして挙げられています。

歪みといっても、骨格だけが歪んでいると想像されると思いますが、内臓も含めた体全体の歪みと考えてほしいと思います。
体の冷えや内臓の機能低下は筋肉を緊張させ無駄な肩こりや腰痛、慢性的な疲労にも繋がります。

そういった症状を緩和していくことでよい循環が生まれその人本来の健康に繋がると言えるでしょう。
体を温め、歪みを戻し、本来の健康な体に戻してみると良いかもしれません。

内臓の冷えと歪みを改善させ元の体に戻すことが大切

手足の冷え症を自覚している人は多く居ますが、内臓の冷えには気が付かず、内臓の歪みという言葉にはあまり馴染みがないかもしれません。内臓のゆがみとは、本来の位置とはずれてしまっている状態であること、本来とは違う位置にあることで圧迫を受けたりして負担を強いられることになります。

内臓への負担が大きくなると、機能の低下につながり、それが痛み・違和感・だるさなどさまざまな症状として表に現れてくるというもの。

アトピーの皮膚の角質層は未熟な状態なので様々なものに敏感に反応します。
重症の時は皮膚が皮膚としての役割を果たせません。

ゆえに冷え性の方が多く、筋肉も固くなりますからもれなく肩こりなどもあります。
体が歪むと内蔵も(リンパなどの循環器も含め)本来の力を発揮できません。

温めるべきところを温め、緩めるべきところを緩め正しく体を使うように意識すれば、正しく体を動かすために必要な弱ってしまっている筋肉もついてきます。

内臓の歪みを整え、正しい位置に戻すこと、そして体を温めるということは、様々な不調の改善につながると感じます。

アトピーは見た目以上につらい症状を長引かせます。
まずは、体を芯からあたため、内臓の歪みを整えてみてほしいと思います。

記事を監修したセラピスト

安藤由美子先生

子育て中のお母さんの心や体のストレスを解消するサロンとして、頑張るお母さんを支えたい!自身の経験を活かし、子供たちと楽しく豊かに暮らしたい思いをかなえるために活躍する。一般社団法人日本ボディケアセラピスト協会の理事長を務め、セラピストの育成にも力を注いでいます。>>インタビューを読む

こんな記事も読まれています


リラクゼーションサロンに人気の入浴剤!

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2017 セラピストになるための資格情報サイトRiraSera

Copyright © 2017. All Rights Reserved. Designed by Fort Lauderdale Personals
Top