セラピスト資格情報サイトRiraSeraでは、セラピストの種類を始め、リラクゼーションセラピスト資格、メンタルセラピストの資格、心理セラピストの資格、整体の資格、マッサージの資格など様々なセラピストの資格情報を伝える、セラピスト資格を取得するための資格情報サイトです。

温活とは??

温活とは、健康な体温と言われている体温36.5度以上を維持する活動のこと言います。現代人のほとんどの人が、基礎体温は低く、慢性的な冷え性や地体温の状態にあります。冷え性・低体温は女性だけではなく、男性や子供までもが、悩んでいる現代病です。冷え性や低体温の大きな原因は、ストレスや生活習慣の変化が関係していると言われています。また、日々の暮らしの中で、「目に見えない体への有害物質」の吸収蓄積や「食品添加物の過剰摂取」にも関係があるとわかってきています。

温活で美と健康を手に入れてイキイキと!

温活は健康面だけではなく、美容にも効果を発揮しています。お肌の調子に、内臓の調子、髪の調子などにも効果に期待できます。また、ダイエットで綺麗になりたい人にもお勧めです。 体温が下がると、睡眠の質や自律神経のバランスも崩しやすくなるため、毎日をイキイキ過ごすためにも、健康体温36.5度以上にすることが大切です。

温活に欠かせない温活アイテム!

体を温めて、人が本来持っている自然治癒力や免疫力を呼びさまし、冷えや低体温を改善するためには、自然の力プラス「温活グッズ」がかかせません。健康意識の高いセラピスト達に、日々欠かせない温活のグッズを教えていただきました。医療で改善できない病気や難病、ダイエットに美容効果など様々な視点で活躍する「温活グッズ」とはどういいったものなのか教えてもらいましょう。

セラピストがオススメする温活グッズ



お経セラピーによる驚く効果とは?副交感神経を優位にするリラックスに最適なお経

お経セラピーによる驚く効果とは?副交感神経を優位にするリラックスに最適なお経

お経と聞くと、家の法事、お祓いなどが一般的な見方ですが、近年お経もセラピーとして唱えたり、聞いたりするような風潮になってきました。
お経がセラピーとして扱われるようになった背景には、煩悩を払い、清浄な境地に至らしめることから、その意味からも効用があるのではと考えます。さらにお経を唱えると、腹式呼吸をになりますので、副交感神経が優位になり、気持ちが落ち着くのではないかと言われています。

生姜の効果!自然な食材で作る「土鍋ショウガご飯」温活レシピ

生姜の効果!自然な食材で作る「土鍋ショウガご飯」温活レシピ

生姜は毎日の食卓には欠かせない存在です。昔から生姜を食べると体が温まると言われ、風邪を引いたとき、寒い冬などで「温まりたい」時によく使われる食材です。生姜は、温活にふさわしいといっても過言ではない食材です。

生姜の代表的な効果といえば、血管を拡張する作用や抗酸化作用が知られています。そのほか、殺菌作用や吐き気、頭痛をなど抑える作用も期待されます。温活には欠かせない様々な効能が得られる生姜ですが、主な成分にジンゲロールとショウガオールがあリます。

スロトレのあとはストレッチと重炭酸入浴!疲労回復させる入浴法とは?

スロトレのあとはストレッチと重炭酸入浴!疲労回復させる入浴法とは?

スロトレのあとに、ストレッチすることも大切で、筋肉に負荷をかけた上で、ストレッチをすることで、筋膜が伸びます。筋膜とは、筋肉の繊維を束ねている膜のことで、その膜を伸ばせば伸ばすほど、太い筋繊維を作ることが出来ます。

体温を測定する場所(部位)とタイミングとは?正しい体温測定の3つのポイント

体温を測定する場所(部位)とタイミングとは?正しい体温測定の3つのポイント

健康状態を確認するために使う「体温計」ですが、体温を測定するタイミングについてご存知でしょうか?基本的には、測定する時間と場所(部位)は決められているわけではないですが、定期的に検温する時は、予め時間を決めて、規則正しく測定した方が良いと言われています。朝起きた時の体温、食事をした後の体温、お風呂に入る前の体温、入浴後の体温は、それぞれ結果が当然異なります。また、測定する場所によっても結果が変わります。測定方法は様々で、腋窩(脇の下)、口腔内(舌下)、直腸(お尻の穴)、鼓膜(耳の中)が代表的です。

正しい体温の測定方法とは?水銀体温計とデジタル体温計の歴史

正しい体温の測定方法とは?水銀体温計とデジタル体温計の歴史

病気の時に熱を出したら使う「体温計」。この体温計の歴史は、1609年イタリアの医者サントリオ・サントーリュが世界で初めて体温計を考案。サントリオは、パドヴァ大学で医学を学び、ヴェネツィアで開業、ポーランド王の侍医を務め、パドヴァに戻り、1611年パドヴァ大学の教授になりました。

腰痛の原因は筋肉と血流にある?!炭酸泉で血流を上げる

腰痛の原因は筋肉と血流にある?!炭酸泉で血流を上げる

日本人の約90%の人が一度は腰痛を経験していて、10人に1人が腰痛に悩まされていると言われています。また最近では、若い人でも腰痛に悩んでいる人が増えて来ているそうです。日本の職場で発生する病気や怪我のうち60%は腰痛だそうです。それほど多くの人が腰痛で苦しんでいるのに、約85%の腰痛が、病院で画像診断をしてもどこの組織が損傷しているかがわからない「非特異的腰痛」と言われています。病院での検査で分からない理由は、レントゲンでは、骨の異常は確認できても、痛みがあるにもかかわらず、「筋肉の異常」が確認できないことが多いそうです。「ぎっくり腰」を経験した方ならお分かりになると思いますが、あれだけの痛みがあっても、レントゲンやMRIでは見えないこともあります。

ハーブの力で免疫強化!代替医療で活躍するハーブ療法!

ハーブの力で免疫強化!代替医療で活躍するハーブ療法!

ハーブの中でも健康に役立つ植物を総称して、メディカルハーブとも呼ばれることから、自然療法のひとつとして広く知られてきました。ハーブは、古くから日本でも生活になくてはならないものとして根づき、心身の健康のためという意味で必要とされています。薬効や香りなどがある植物そのものを治療に活かす方法として親しまれ、医療、スパイス、料理、染料、などなど楽しみ方は様々です。
ハーブには「植物療法」という医学的にも役立つ素晴らしい効果を期待できることから、私たちの生活を彩る存在になっているのが最大の魅力です。

「妊活」にも欠かせない「温活」で「首」を温める

「妊活」にも欠かせない「温活」で「首」を温める

「首」は、身体の中でも寒さを感じやすい部分です。「首」の皮膚の近くには、頭部と身体をつなぐ太い頸動脈があり、酸素や栄養を「脳」へと送るための大切な通り道になっています。「脳」には「視床下部」と呼ばれる場所がありますが、「視床下部」には体温を調節するリモコンがあり、自律神経やホルモン調節とも深く関わっています。寒い冬に首を冷気にさらすと、冷えた血液は脳に流れて、脳は冷気を感知します。脳が冷気を感知すると体温を外に逃がさないように抹消部の血管を収縮させて血流を減らすので、血液循環が悪くなり、体温も下がってきます。そして、「視床下部」の体温調節やホルモンの放出にも影響し、妊活にも影響を与える可能性があります。

鉄瓶で作る「安全な白湯」!日本とアーユルヴェーダ式による「白湯」のおいしい作り方

鉄瓶で作る「安全な白湯」!日本とアーユルヴェーダ式による「白湯」のおいしい作り方

日本の水道水はまずい、塩素が多く含まれているからそのままでは飲めないなど、今では気軽に水道水を飲むことができない時代です。そんな中で、こまめな水分補給の大切だということは、言うまでもありませんが、それではどんな「水」を飲んだらよいのでしょうか?自宅の浄水器の水、市販のペットボトルのミネラルウォーターなどいろいろな水がありますが、安全かつ、自身が好みの、美味しいと思える水を選びたいものです。水道水を飲む場合は、塩素が気になるので、今回はアーユルヴェーダの知恵を参考に「白湯」の作り方をご紹介します

入浴事故が年々増加?!意外と知られていない「正しい入浴法」と水分補給!

入浴事故が年々増加?!意外と知られていない「正しい入浴法」と水分補給!

アロマオイルを入れてお風呂に入りたい、オーガニック製品の入浴剤をオススメしたい、健康の為には半身浴が効果的など、様々なアドバイスをしていると思いますが、近年入浴による事故件数が増加をしています。人口動態統計を分析したところ、家庭の浴槽での溺死者数は 10 年間で約7割増加し、平成26年に4,866 人となっています。そのうち高齢者(65 歳以上)が約9割を占めており、高齢者は特に注意が必要だとよ呼びかけています。

浴中の急死・急病(脳血管障害、心肺停止、心筋梗塞など一過性意識障害(失神))による溺水・溺死と言われています。
これらの原因には、温度の急激な変化で血圧が上下に大きく変動することで失神し、浴槽内で溺れるケースです。

「妊活」に欠かせない!エストロゲンとプロゲステロンを増やして子宮体温を上げよう!

「妊活」に欠かせない!エストロゲンとプロゲステロンを増やして子宮体温を上げよう!

「温活」のほかにも、近年急増している「妊活」。様々な理由から不妊症で悩む数は年々増加している中で、思い当たる原因がない夫婦は、全体の30%と言われています。医療にかかり、それでも妊娠できない女性の声も多くある中で、生殖機能を低下さる「冷え性」が不妊の原因に大きく関係していると言われています。

女性特有の悩みに期待できるアロマオイルの種類とその効果とは?

女性特有の悩みに期待できるアロマオイルの種類とその効果とは?

女性特有の不調と言えば冷え性、むくみ、生理痛やPMS(月経前症候群)、更年期障害、そしてお肌のトラブルなどが挙げられます。多くの女性が愛用しているアロマオイル(エッセンシャルオイル)には、どのような種類、効果・効能があるのでしょうか。女性に人気のあるアロマオイル(エッセンシャルオイル)から、香りの特徴、女性特有の不調への効果、美容効果、ダイエット効果と併せてご紹介いたします。
なお、一部の柑橘系オイルの原液には、光毒性(肌に付けた状態で太陽の紫外線にあたると、皮膚にダメージ)があるようですので、ご注意ください。

温活女子の中にお灸女子が急増!冷え性、美容にもお灸で健康美人に

温活女子の中にお灸女子が急増!冷え性、美容にもお灸で健康美人に

温活女子の中に「お灸女子」が急増したことで、お灸の売り上げが上昇しました。お灸はシニアから若い世代に愛され、「自宅で手軽に温活ができる」ことから、一人でも手軽に出来るうえ、煙の出ないタイプ、アロマの香りのするタイプ、最近では仕事をしながらでも使うことが出来る火を使わないタイプなど、さまざまな種類のお灸が発売されていて、若い女性の間でひそかな人気となっています。肩こり、冷え性など身体の不調の改善だけでなく、美容効果、癒し効果もあるお灸を、生活に取り入れている女子が増えています。

羽毛布団で免疫力をUP?正しい羽毛布団の選び方

羽毛布団で免疫力をUP?正しい羽毛布団の選び方

眠る前は体温を暖める必要があります。眠りに就くと、体温が徐々に下がり冷えるからです。逆に言うと眠りとは、オーバーヒートした脳や内臓諸機関を冷却させるために起こる現象ともいえます。脳が眠っている状態(ノンレム睡眠)は、エネルギーの消費を抑えるため体温の低下が必要なのです。だからといって、暖かい毛布や羽毛を何枚もかけて寝るのは、蒸れる原因になります。

音響振動療法・マナーズサウンド健康体へ導いていくヒーリングCD

音響振動療法・マナーズサウンド健康体へ導いていくヒーリングCD

マナーズサウンドとKAUTOミュージックは、心身の疲れを解き放ってくれる音のサプリメントです。体のエネルギー調整と愛と生命力にあふれるサウンドなどマナーズサウンドの基本となる5種類のサウンドを収録しています。曲の種類は、今までの作品の中から選び抜いた曲を収録しています。(マナーズサウンド基本の5種類)

ヒーリングミュージック『至福の眠れるアロマ~美と健康をつくる極上のリラックスタイム~』

ヒーリングミュージック『至福の眠れるアロマ~美と健康をつくる極上のリラックスタイム~』

まるで良質なアロマの香りが漂う様な幻想的な音楽と 安らぎの自然・環境音の融合があなたを心地よい眠りと癒しの空間へ誘います。美と健康をつくる良質な睡眠と極上のリラックスタイムをお過ごし下さい。

タイマッサージと併用される「ハーバルボール(ハーブボール)」とは?

タイマッサージと併用される「ハーバルボール(ハーブボール)」とは?

タイ古式マッサージで使用するハーバルボールは、数種類の天然ハーブを布で丸く包んでじっくり蒸したものを、全身(頭から足まで)に押し当て、身体の芯からじんわり温めていくもので、タイの国立病院や王室で古くから用いられている自然療法です。ハーバルボールの他に「ハーバルコンプレス」「ハーバルマッサージ」などとも呼ばれます。

「太もも、内ももを温めると、身体が温まる!」電気ひざ掛けで冷え性対策

「太もも、内ももを温めると、身体が温まる!」電気ひざ掛けで冷え性対策

冷え性の人は足先などの末端が「冷たい」、「冷える」と感じているという方が多いと思いますが、意外にも「冷え」の原因は、冷えていると感じていない「太もも」にあったのです。太ももの筋肉量は全身の3分の1から4分の1を占めるといわれ、発熱源である筋肉が最も多い部分。冷え性を解消するためには、効率よく身体を温める事が重要です。

ページの先頭へ
運営理念運営者情報サイトマッププライバシーポリシー免責事項賛同・協賛企業様募集について
Copyright © 2017 セラピストになるための資格情報サイトRiraSera

Copyright © 2017. All Rights Reserved. Designed by Fort Lauderdale Personals
Top